女性のAGAは女性用AGAクリニックで解決!男性とは違う治療法を紹介

女性の薄毛 2018.08.17

女性特有のAGA!FAGAはプロペシアで治療できない

女性特有のAGAはFAGAと呼ぶ

女性のAGAはFemalesの頭文字を加えてFAGAと呼ばれます。このことからわかるように、AGAとは本来男性に見られる症状です。

AGA(男性型脱毛症)とはテストステロンと5αリダクターゼによって作られたジヒドロテストステロンが発毛の邪魔をする現象ですが、AGAのリスクは5αリダクターゼの影響力やジヒドロテストステロン受容体の感度によって異なります。つまり、AGAの原因は遺伝です。

しかし、女性のAGAは原因が異なります。

女性のAGAは女性ホルモンの低下によって発症する

女性のAGAは女性ホルモンが少なくなった時に起こります。基本的には男性ホルモンの量が少ないためにAGAは起きないのですが、ホルモンバランスが乱れた時にジヒドロテストステロンが増えやすくなります。

よって、女性のAGAは体を健康にすることが何よりの治療になります。

知っていますか?女性用のAGAクリニックも選べます

AGAをはじめ薄毛の問題はなかなか相談しづらいものです。特にAGAになる人が多くない女性が皮膚科やAGAクリニックに行くのは勇気が必要後思います。しかし、最近は女性のデリケートな気持ちに配慮してか女性専用のAGAクリニックも見られます。女性用AGAクリニックなら男性患者が多めの病院に比べて入りやすく、院内の雰囲気もおしゃれになっている場合があります。

男性と女性では治療法が異なるので、できれば女性のAGA治療に慣れたクリニックを選びましょう。

女性のAGAにプロペシアは使えない

AGA治療薬といえばプロペシアが有名ですね。プロペシアは5αリダクターゼのはらたきを抑えるフィナステリドという成分でAGAを食い止めます。フィナステリドより効果と副作用が強めのデュタステリドが含まれ散るザガーロも知名度が高まっています。

しかし、女性は生殖機能に対する副作用の問題からプロペシアザガーロを服用できません。そもそもホルモンバランスを保てていればAGAを予防できる女性がプロペシアやザガーロに頼る必要はないのかもしれませんが、個人輸入で誤ってプロペシアのコピー品を購入しないよう気をつけてください。

どうしても5αリダクターゼを抑制する薬を使いたい時はパントスチンという効果の弱いものを用います。

女性のAGAはミノキシジルやパントガールで治療

薄毛治療の定番、ミノキシジル

薄毛治療に広く使われる薬といえばミノキシジルです。ミノキシジルは頭皮の血行を良くすることで髪の毛に供給する栄養を増やします。ミノキシジルが含まれる薬の中で代表的なものはリアップです。

ミノキシジル外用薬は男性女性問わず使えるし、AGAでなくても広く効果が期待できます。血行の問題は髪の成長のメカニズムそのものと関わる問題なので一般的な薄毛を改善したい時にもオススメです。

ミノキシジルを使うときの注意

ミノキシジルを使う時は、肌がかぶれることがあります。中に入っているアルコールなどの成分が原因なので敏感肌の場合は一度AGAクリニックで相談してください。

また、ミノキシジルタブレットが処方されることもありますがミノキシジルは内服する場合に強い副作用の恐れがあります。医師の判断で処方されているものですが、安全性についてしっかり確認しましょう。

女性に嬉しいAGA治療薬 パントガール

パントガールは女性の薄毛改善に使われる薬です。何か病気の元を改善するのではなく、発毛や育毛に必要な成分を効率よく摂取できるものです。サプリメントの一種ともいえますが世界で初めて女性のびまん性脱毛に対する効果が認められた実績を持ちます。

パントガールは女性の薄毛治療に効果的で、かつ高い安全性も知られています。副作用は今の所報告されていません。

髪の毛を元気にするための薬なので抜け毛で悩んでいる方だけでなく髪の毛が細くなった、ボリュームが少なくなったとお悩みの方にも良い効果が期待できます。

ちなみに、パントガールは男性も服用できます。

育毛メソセラピー

育毛メソセラピーはどうしても発毛しない毛根を目覚めさせるために頭皮に直接栄養や成長因子を注入する治療法です。こちらは薬で治す場合に比べてかなり高額で自由診療の範囲ですが、一般的な薄毛治療が薄毛を食い止めるにとどまる一方で育毛メソセラピーは髪の毛を生やすことを目的にしています。

ただ、育毛メソセラピーは一般的なAGAの治療に比べるとまだまだ研究が必要な分野で利用したからといって確実に効果が出るわけではないことに注意が必要です。

できれば育毛メソセラピーを利用しなくて良い段階でAGA治療を受けられると良いですね。

女性のAGAはAGAクリニック以外での治療をする場合も/h2>

女性ホルモンの問題だから婦人科で解決できることも

女性のAGAは女性ホルモンの現象が関わっているので、男性のように頭だけを見れば良いとは限りません。むしろ、女性ホルモンのバランスを整えるためにAGAクリニックより婦人科へ通った方が良い場合も考えられます。

女性ホルモンが減ることによって自律神経が乱れる状態を更年期障害と呼び、FAGAが発症するのも更年期以降の女性が多いです。しかし、更年期障害はさまざまな原因で起きるため更年期より若いからと無警戒ではいけません。

女性ホルモンが足りなければ補充する

足りなくなった女性ホルモンを補充することができます。更年期障害であれば女性ホルモンのうちエストロゲンを補充します。エストロゲンは育毛に関わる物質でもあるため、この方法で髪の毛に良い影響が期待できます。

ホルモンバランスの問題は体温調節の乱れや、体の痛み、めまい、心の不調などを引き起こします。もしかしたら薄毛以外にもこのような自覚症状があるのかもしれません。女性によく見られる出産後の薄毛も女性ホルモンが少なくなったことが原因です。

女性ホルモンを補充する時は飲み薬の他に注射や塗り薬、パッチを使います。

極度のストレスならカウンセリングを受けよう

重いストレスが原因になっている場合もAGAクリニックでの解決は難しいです。一度はストレスが原因であるという診断を受けた方が良いかもしれませんが、ストレスが原因とわかった以上は心の悩みを解決してくれる場所に頼った方が良いです。病院で言えば神経内科や精神科がそれに当たります。

他には臨床心理士のカウンセリングを受けることも有用です。何をどのくらい悩むかは人によりけりで、どんな人でも自分の悩みを相談できる人がいるものです。

女性のAGAは女性に合わせた治療法が大切。詳しくはAGAクリニックへ問い合わせよう

女性のAGAは男性とは違った治し方をします。AGAの原因も異なるため男性のようにずっと薬を飲み続けなければならないわけではありません。また、女性のAGAは女性ホルモンのバランスと関わっているため薄毛以外のトラブルも起きていることが考えられます。

薄毛が気になった時はまず女性用のAGAクリニックへ行き、その後は原因に合わせた治療を行いましょう。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます