抜け毛や薄毛の治療は皮膚科よりAGAクリニックで。女性向けクリニックも選べます

薄毛・抜け毛の予防対策 2018.09.28

薄毛や抜け毛はクリニックでの治療が必要かもしれない

薄毛や抜け毛は体の異常です

薄毛や抜け毛は体質や加齢が原因と思いがちですが、本当は病院で治療すべき症状かもしれません。もし生活習慣やストレスによって薄毛になっているとしてもそれは体が異常事態になっているからです。とくにこのような症状であれば病院に行くことが強く求められます。

AGA(男性型脱毛症)

AGAは体内で作られるジヒドロテストステロンという男性ホルモンのせいで髪の毛が抜けていく病気です。ジヒドロテストステロンはテストステロンと5αリダクターゼの反応で作られ毛根に脱毛指令を出します。すると髪の毛の成長が阻害されて最終的には発毛できなくなってしまいます。

AGAは男性ホルモンが関わる脱毛症で男性に多く見られます。聞きなれない名称の割には典型的で罹患している人の数は1000万人以上に及ぶと考えられています。

AGAのなりやすさはジヒドロテストステロンと結合するアンドロゲン受容体の感度や5αリダクターゼの量で決まります。つまり遺伝が原因です。したがって生活改善や育毛剤では治せません。シャンプーを変えても効果を及ぼさないでしょう。

女性のAGA、FAGAとは?

AGAはジヒドロテストステロンが作られやすい男性特有の病気です。しかし女性でも女性ホルモンが減少して男性ホルモンが増えやすくなればAGAになります。これをFAGAと呼びます。女性の場合は男性と違い適切な治療で治すことができます。

円形脱毛症

円形脱毛症は頭部の免疫細胞が毛根を攻撃することで脱毛を引き起こします。免疫細胞は本来悪い菌をやっつける働きをしているのですが何らかの原因で毛根を攻撃してしまいます。そのダメージによって髪の毛が急激かつ大量に抜け落ちてしまいます。どうやら、アトピー因子を持っていると円形脱毛症になりやすいようです。

円形脱毛症は他の脱毛症とは比較にならないほどのスピードで髪の毛が抜け落ちるので、すぐに病院へ行きましょう。

円形脱毛症は皮膚科で治そう

円形脱毛症は皮膚科での治療が望ましいです。AGAクリニックは一般的な薄毛やAGAの治療には様々な選択肢を持っていますが、円形脱毛症についての専門と言えないからです。

ただ、AGAクリニックは発毛については専門としているので円形脱毛症で抜けてしまった髪の毛を元に戻す場合に頼れます。

深刻でない場合でも検査を受けるに越したことはない

薄毛が深刻でなくてもAGAクリニックで検査を受けることがお勧めです。AGAは遺伝によるものですから検査を受けることでAGAリスクの高さが分かるし、生活面での問題を明らかにすることでこれからの薄毛対策がしやすくなるでしょう。

発毛治療はできることはできるのですが、かなり高額でうまくいく確率も高いと言えません。できるだけ初期段階での発見と治療が求められます。

抜け毛・薄毛を治すならAGAクリニックをお勧めしたい理由

AGAクリニックは薄毛治療の専門!薄毛に悩む患者が満足できる

AGAクリニックは皮膚科の中でもAGAの治療に特化した病院です。一般的な皮膚科では薄毛対策の需要が少ないのでどうせならAGAクリニックに通うことがお勧めです。

治療実績が多い

AGAクリニックは薄毛や抜け毛で悩む人だけが通う病院ですから、必然的に治療実績が多くなります。一般的な皮膚科であれば皮膚の悩み全般を引き受けるわけですから対応できる症例は広くても一つ一つの治療実績はあまり多くならないはずです。

治療法の選択肢が多い

AGAクリニックは薄毛を解決したい患者さんのためにさまざまな治療法を用意しています。一般的な皮膚科であればプロペシアを処方してくれれば良い方でAGA治療に対応していない病院も多いです。

一方で、AGAクリニックではプロペシアの他にザガーロ、パントガール 、ミノキシジル、育毛メソセラピーなど自由診療に特化した病院ならではの充実が見られます。これなら存分に自分に向いた治療法を探せますね。

患者へのプライバシー配慮が見られる

薄毛というのは健康的な被害がほとんどないのに見た目のコンプレックスが大きな病気です。そのため、普通の治療とは異なる配慮が必要となります。薄い髪の毛を見られてしまう、治療の様子を他の患者さんに聞かれてしまうといったことが怖くて病院から足が遠のくのは良くありませんね。

そこでAGAクリニックは患者さんのプライバシーに配慮して通いやすい環境を整えています。例えば完全予約制にして他の患者さんと行き合わないようにしたり、診療を個室で行なったりといったものです。ただパーテーションで仕切られているだけの診療室に比べてぐっと安心度が高まります。

女性向けAGAクリニックも選べる

女性は男性よりもAGAクリニックに通いづらいでしょう。そこでAGAクリニックが女性向けの窓口を用意していることもあれば女性向けのAGAクリニックを運営していることもあります。

無料でカウンセリングを受けられる

AGAクリニックは治療を受ける前に無料でカウンセリングを受けられます。カウンセリングでは頭皮チェックやAGAの情報提供がされます。お金を払わなくても有益な情報を聞けるしクリニックのスタンスも知ることができます。

AGAクリニックではどのような抜け毛・薄毛治療をしてもらえるのか

脱毛を止めるための治療

AGAクリニックの主目的はAGAを治療することです。AGAは完治することはできなくても薬によって止めることが可能です。AGA治療薬は医学的根拠が十分で、市販の育毛剤やサプリメントを使うよりはるかに効果があります。

5αリダクターゼの抑制をする薬

AGA治療薬は5αリダクターゼの働きを阻害してジヒドロテストステロンの量を減らしてくれます。そうすれば毛根がジヒドロテストステロンの影響を受けづらくなるため脱毛が止まります。そして毛根に発毛する力が残っていれば自然に髪の毛が生えてくるというわけです。

このような薬としてよく知られているのはプロペシアザガーロです。ザガーロの方が効果が強いものの5αリダクターゼの働きを阻害するという効能は共通しています。

ただしこれらの薬には直接的な発毛効果がありません。やはりAGAは早いうちの治療が大切です。

AGA治療薬は飲み続けないといけない

プロペシアやザガーロは5αリダクターゼの働きを一時的に阻害するだけですからずっと飲み続けなくてはいけません。

女性はパントスチンを使うことも

プロペシアやザガーロは女性に対して副作用リスクが高く、使われません。どうしても5αリダクターゼの働きを抑制したい時はそれらよりも弱いパントスチンが使われます。

女性はパントガールで栄養補給

女性の薄毛に対してよく使われる薬はパントガールです。パントガールは髪の毛の成長に良い栄養素がバランスよく含まれた薬で、女性のびまん性脱毛に対しての効果が証明されています。

女性の薄毛はホルモンバランスや栄養、血流などを元に戻せば回復する分、男性より先行きが明るいです。

発毛を促進するための治療

AGA治療薬には脱毛を抑制する効果しかありません。そこで発毛を促進させるための治療が併せて行われます。

ミノキシジル

薄毛治療の決定版と言える薬がミノキシジルです。ミノキシジルは血管を広げて血行促進する効果を持つ成分で、AGA以外の薄毛治療にも有力です。プロペシアやザガーロとよく併用されますし、女性でも使える点が嬉しいですね。

我が国においてはミノキシジル外用薬のみが使われています。リアップという銘柄が有名ですね。普通の育毛剤に見えるリアップですが、実は第一類医薬品です。育毛剤ではなく発毛剤と覚えましょう。

ミノキシジルタブレット

日本では扱われていないミノキシジルタブレットを処方するクリニックもあります。ミノキシジルは内服薬の方が効果が強いと考えられていて、全身の多毛症などの副作用があるようです。個人輸入しても安全というものではありません。

先発医薬品はロニテンという名前ですが用途は降圧剤で薄毛治療薬としては公認されていません。

育毛メソセラピー

細胞分裂を促進させる成長因子を頭皮に注入して発毛を試みるのが育毛メソセラピーです。髪の毛に直接働きかけるという方法から効果的に見えますね。確かに育毛メソセラピーの成功例は少なくありませんが、最先端医療であることから医学的な根拠が揃うまではもう少し時間を要します。

薬の服用だけで発毛しなかった時の最終手段です。

薄毛・抜け毛は体の異常!解決するならAGAクリニックで

薄毛や抜け毛でお悩みならAGAクリニックへ行きましょう。多くの場合はなんらかの異常を表していて、特にAGAであれば薬無しでの治療は不可能です。AGAは進行するほど発毛しづらくなるので、早めに治療を決意するだけでも費用を大きく節約できます。

AGAクリニックでの治療内容が気になるならぜひ無料カウンセリングを受けて見ましょう。医師の診断とは異なりますがクリニックの内装やスタッフの雰囲気、治療へのスタンスなどがわかります。最低でも3医院は体験すると良いでしょう。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます