ハゲ予防は若いうちから!薄毛の原因と対策を一覧でまとめました

薄毛・抜け毛の予防対策 2018.05.29

ハゲからの”再生”は難しい。だから予防が大切

ハゲ治療はハゲを止めるところまで

ハゲ予防のメリットは言うまでもハゲが進行しないことにつきます。しかしAGAクリニックが一般的なものになった今「ハゲても治療すれば大丈夫」と思っている20代、30代もいることでしょう。その認識はかなり危ないです。

まずは薄毛治療についての正しい知識を持ってください。

薄毛の原因を止める≠発毛する

薄毛治療ができるのは今以上の進行を回避することまでです。薄毛は髪の毛が生えるための栄養素が足りないことや血行が悪いこと、内部から毛根が攻撃されたことが主な原因ですがそれらを解決しても必ずしも発毛が約束されていません。

一度髪の毛が生えなくなってしまった毛根は活動をやめてしまうのです。だから、髪が生える環境を整えてもハゲが改善されないことは珍しくありません。

AGA(男性型脱毛症)の治療法

AGAは男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼと反応することで脱毛指令を送るジヒドロテストステロンになり、髪を弱くする症状です。つむじ、前髪、剃り込みから抜け毛が進行します。

治療法は5αリダクターゼの働きを抑制することですが5αリダクターゼの量を減らせないため薬を飲み続けなくては行けません。AGA治療に使われるのはプロペシアやザガーロで、ザガーロは発毛効果も期待できる治療薬です。

円形脱毛症の治療法

円形脱毛症はリンパ球が毛根を攻撃することで起きるもので一度に大量の髪の毛が抜ける点が特徴的です。円形脱毛症の原因はストレスやアレルギー・アトピー体質が考えられるのでステロイドを使った治療が行われます。

ハゲの原因がわかればその改善が可能

他にも生活習慣や他の病気を原因とするハゲがあるためその原因がわかれば効果的な改善法が見つかります。

発毛はお金がかかるし確実ではない

もちろん、私たちの頭は髪の毛が生えるように作られているため原因を治療すれば発毛する場合もたくさんあります。ただ、先ほど説明したようにどうしても髪の毛が生えてこないときはまた別の治療が必要です。

育毛メソセラピーで発毛を促す

メソセラピーとは注射を使った施術のことで育毛メソセラピーは頭皮に薬剤を注射をします。薬剤には髪の成長に良さそうな栄養素や細胞分裂を促す成長因子などが含まれています。ハーグのように様々な成分が調合済みのものもあれば、患者さんからタンパク質を採取して成長因子を抽出する場合もあります。

どちらも安全性には注意が払われています。体に悪い成分は使わないので安心できます。

育毛メソセラピーはとても高価

育毛メソセラピーは非常に高価で1回で7〜10万円ほどします。しかも効果が出るまで半年ほどやり続けなくてはいけないし必ずしも効果が出るとも限りません。

育毛メソセラピーは最も難しい発毛に挑戦する素晴らしい治療法ですが、できればこの治療が必要にならないようハゲ予防したいと思いませんか?

ハゲ予防は健康な生活から

ハゲ予防のために気を使いたいところを一覧にしました

ハゲ予防のためには特別なことをするよりもハゲになりやすい習慣を止めることが大切です。こちらではハゲ予防で気をつけたいポイントを一覧にしました。

ハゲの前兆は発毛サイクルが乱れて髪の毛が細くなることですから、最近髪の毛にボリュームがないという人はすぐに実践してください。同じ本数でも髪の毛が細くなるとハゲて見えます。

しっかり栄養を摂る

健康な髪の毛を生やすためにはしっかり栄養を摂ることが大切です。髪の毛に必要なアミノ酸やビタミン、ミネラルをバランスよく摂りましょう。基本的にはどの栄養素も大切ですがビタミンで言えば代謝を助けるB群やE、ミネラルなら薄毛との関連性が大きい亜鉛を意識すると良いでしょう。

しっかり食べるとカロリーが気になりますが、過度なダイエットは栄養不足でハゲのリスクが高まり、代謝が落ちるのでかえって痩せづらい体になります。特に女性は気をつけてください。コレステロールが気になるならプロテインや豆乳あたりでタンパク質摂取するのもありです。

タバコはやめる、お酒はほどほどに

タバコやお酒は交感神経を活発にして体を緊張状態にします。すると血管が狭くなるので髪に栄養が行き渡りません。血行と育毛は大きく関わっていて、AGA治療にも血行をよくするミノキシジルが推奨されています。

タバコは害が大きいためできれば禁煙したいです。お酒は少量であればむしろ血圧を下げるため無理に禁酒しなくてもよさそうです。

ストレスを発散する

ストレスは体を緊張状態にして血行を悪くします。さらに免疫機能を狂わせて円形脱毛症を引き起こすことまであります。ストレスをなくすことはできなくても適度に発散するよう心がけてください。最も効果的なストレス発散は、睡眠です。まずはしっかり寝ることから始めましょう。

紫外線を浴びすぎない

紫外線を浴びるとハゲる、と言われますが紫外線は細胞を攻撃するためあながち間違いでないかもしれません。直射日光を浴びすぎないことや日傘、帽子を活用するのがオススメです。紫外線は薄毛以上に頭皮や顔の肌トラブルと関わっているのでハゲていない人も気をつけてください。

頭皮マッサージをする

頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージをするのも良いでしょう。頭皮マッサージを適度に繰り返せば触ってわかるほど頭皮が柔らかくなるので効果を実感できます。ただ、頭皮が柔らかくなっても血の巡りは不明確なので、時にはプロの頭皮チェックを受けることがおすすめです。

家系でハゲをチェックする

AGAの原因として最大のものが遺伝、円形脱毛症との関連性がつよいアトピー素因も遺伝です。つまり、家計からその傾向をチェックできればハゲる前から薄毛防止が可能となります。他の方法よりも最もわかりやすいリスクに対する予防ですね。

ヘアケア、サプリ、医薬品、ハゲ予防にオススメなのは?

ハゲ予防にオススメなのは医薬品。健康維持ならヘアケアとサプリ

ハゲを予防するための商品はたくさんありますね。サプリやシャンプーに育毛剤、大抵のドラッグストアなら品揃えが十分です。しかし、それらは本当にハゲを予防するのでしょうか?

ヘアケア、頭皮ケアは毎日を快適にしてくれる

ヘアケア、頭皮ケア用品は基本的にハゲ予防が期待できません。なぜならハゲは外部からの刺激よりも体内の問題が関わっているからです。特に髪の細胞が死んでいる以上ヘアケア用品は選択肢から外れます。

頭皮ケア用品や薬用シャンプーは毛穴が呼吸しづらくなったり毛根が炎症を起こすというリスクを改善してくれますが、頭皮や毛根の炎症と薄毛の関連が薄いようです。本来の目的である頭皮の痒み、炎症防止、フケの改善に役立ててください。

頭皮に優しいシャンプーを選びたいなら頭皮を傷つけづらいアミノ酸系がオススメで、医薬部外品である薬用シャンプーには保湿や殺菌成分が入っています。

栄養不足が気になるなら、サプリもおすすめ

サプリメントは普段の食事では摂りづらい栄養素を効果的に摂取できる便利アイテムです。食生活の偏りが気になる人や料理が得意でない人は必要に応じて使いましょう。薄毛対策・AGA対策のサプリも売られていますが「サプリは医薬品でない」ため確実性が低いです。

ハゲ予防のサプリとして有名なのはノコギリヤシと亜鉛です。ノコギリヤシは5αリダクターゼの抑制が期待される植物で前立腺肥大症対策サプリの原料としても知られています。亜鉛は髪の細胞分裂を助ける栄養素で、特に男性が積極的に摂取したいです。

AGAの対策は薬が必須

AGAに関しては遺伝で5αリダクターゼの影響力が決まるため医薬品が必須です。しかも薬で5αリダクターゼを減らせるわけではないため継続して服用すればハゲを予防できる一方、服用をやめればAGAが進行します。

使われる薬はプロペシアとザガーロ。プロペシアはフィナステリド、ザガーロはデュタステリドという有効成分が含まれています。どちらも同じ右葉な効果を持っていますがデュタステリドの方が効果副作用ともに強いです。

血行を良くするミノキシジルも薄毛治療の定番ですが、ハゲ予防よりもハゲてからの対策で使われます。

女性のハゲ予防はホルモンバランスを保つこと

女性は男性よりもホルモンバランスが乱れやすく、それがハゲにつながっています。更年期障害や出産を理由に髪が抜けてしまうのも女性ホルモンの量が不安定になっているからです。よって女性のハゲ予防はホルモンバランスを整えることです。

ホルモンバランスが整うと体の調子が整う、心が落ち着く、より女性らしい体つきになるといったメリットがあります。

ハゲ予防で若さを保とう。遺伝が気になる人はAGAクリニックへ

前髪が1cm後退するだけでおよそ5.7歳老けて見えることをご存知ですか?ハゲ予防は見た目を自然に保つだけでなく年齢相応、あるいはそれよりも若く見られるために大切な努力です。ハゲ予防は必然的に健康的な髪の毛と頭皮を作るので、今ハゲていない人でも取り組みたいです。

特に遺伝が気になる人はAGAクリニックへ行くと遺伝子検査ができます。いつかはやってくるであろうハゲに備えて自分の薄毛リスクを調べておきましょう。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます