男性と女性で違う薄毛の原因「前頭部」の抜け毛対策

薄毛の原因 2018.07.13

男性の前頭部が薄毛になる原因はAGA(男性型脱毛症)

AGAによる前頭部の脱毛は2種類

男性の薄毛には栄養不足やストレスなどいろいろありますが、特に知られているのがAGAです。AGAとは体内にある5αリダクターゼとテストステロンの反応で作られるジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を抑制する症状で、5αリダクターゼの影響力は遺伝によります。

男性は男性ホルモンが多く分泌されているので誰もがAGAになるリスクを持っているのに差が出るのはこのためです。

AGAは頭頂部か前頭部から進行し、最終的には側頭部と後頭部を残しハゲます。前頭部の脱毛は大きく分けてこの2パターンです。

M字型の脱毛

いわゆるM字ハゲと呼ばれるものです。剃り込みの部分からどんどん抜けていって、頭頂部に達します。場合によっては前頭部の髪の毛が不自然に残ることもあります。剃り込みが人より後退していると思ったらAGAを疑いましょう。

U字型の脱毛

おでこ全体が後退していくものをU字型と呼びます。もともとおでこが広い人とAGAの疑いがある人の見分け方は、髪の毛の柔らかさです。AGAは髪の毛の成長が阻害されることで生えてくる髪の毛が細くなってしまいます。

そのため、U字型の進行が見られるときは生え際の髪の毛が細くて柔らかいものになっています。もし、生え際の髪の毛が健康であればもともとおでこが広いだけだと思われます。

女性の前頭部が薄毛になる原因は?

女性の前頭部が薄毛になるとき、他の部分も薄くなっているかも

女性の場合は男性のように髪の毛の一部分だけ薄くなることはまれです。もし円形脱毛症になった場合でも髪が薄くなるというより、その部分だけ一気に抜け落ちます。女性は頭全体が薄毛になるびまん性脱毛が特徴的で、この女性特有の脱毛によって髪のハリ・コシが損なわれてしまいます。

びまん性脱毛は満遍なく髪の毛が薄くなるので、前頭部だけが集中的に抜けることは考えづらいです。そのため、「前頭部だけ抜けている気がする…」という場合はそれ以外の部分も薄くなっている可能性があります。

おそらく前頭部は鏡で確認しやすいからすぐに気付けるのでしょう。どうしても見えやすい部分が目につくのは当たり前のことです。

薄毛が気になったら頭皮チェックを受けよう

実際に髪の毛がどのくらい薄くなっているのか気になったらAGAクリニックで頭皮チェックを受けると良いです。薄毛の分野は皮膚科なのですが、より薄毛問題解決に特化したAGAクリニックでは無料のカウンセリングを受けることができ、頭皮を撮影するようのスコープも備えられています。

頭皮の状態を客観的に見れば本当の問題に気づけます。

女性特有のAGAはホルモンバランスの乱れが原因

女性特有のAGAはFAGAと呼ばれています。FAGAの原理そのものは男性のAGAと変わらないのですが男性はジヒドロテストステロンが多く作られることを原因とするのに対し、女性は女性ホルモンが減ることで男性ホルモンの影響力が強くなってしまいます。

だから、本来は女性ホルモン優位のはずの女性が男性ホルモンによる症状であるAGAにかかってしまいます。ホルモンバランスが乱れる原因はストレスや栄養不足、病気や出産など様々です。深刻な場合はAGAクリニックよりそちらの分野に明るい病院へ行った方が薄毛の解決になるかもしれません。


前頭部が薄毛になったとき男性と女性でどんな対策がある?

男性も女性も気をつけたい薄毛対策

男性も女性も根本となる薄毛対策は一緒で、髪の毛に十分な栄養を送り血行を良くすることです。髪の毛は毛根に栄養が送られることで元気に成長するのですが栄養が足りなかったり血行が悪かったりすると髪の毛が成長できずに抜けてしまいます。

髪の毛におすすめの栄養とは

髪の毛におすすめの栄養素はタンパク質です。高カロリーのものは健康に良くないと言われているのですが、最低限のカロリーは必要で特に細胞を作る材料のタンパク質はしっかり摂取したいです。脂肪の取りすぎを抑えたいなら脂の少ない鶏肉や魚介類、大豆がおすすめです。大豆には女性ホルモンのイソフラボンが入っていますし、魚介類には血液サラサラ効果のあるDHA/EPAが含まれています。

さらに、細胞分裂を助ける栄養素としてビタミンBやビタミンEも積極的に摂りたいです。ビタミンBは肉類に、ビタミンEはナッツ類や緑黄色野菜に多く含まれています。そして髪の毛の成長を促進してくれるのが亜鉛です。亜鉛は牡蠣や牛肉、ゴマなどに含まれています。

パントガールは栄養補給の薬

栄養補給の薬として知られているのがパントガールです。パントガールはAGA治療薬が使えない女性の脱毛に効果がある医薬品ですが、髪の毛を成長させてくれる成分が配合されています。もちろん男性も使えます。

ストレスは適度に解消したい

血行を悪くするものはストレスです。ストレスがかかると体は緊張状態となり血管が狭くなってしまいます。嘘のような話ですがストレスで血管が切れてしまうこともあるので心の状態を甘くみてはいけません。

ストレスが溜まっているなと思ったら体を動かす、しっかり睡眠をとる、気分転換をするなどして適度にストレス解消をしてください。ストレスは円形脱毛症の原因とも考えられています。

男性はAGAクリニックへ行こう

男性が前頭部の薄毛を解決するならAGAクリニックの利用おすすめです。AGAクリニックはAGAの治療に特化した病院で、多くの症例をもとにその人のための治療法を提案してくれます。

AGAを完治させることはできませんが、薬で症状を抑えることは可能です。AGAの薬にはプロペシアとザガーロがあります。

プロペシアとザガーロは5αリダクターゼの働きを抑える

プロペシアとザガーロは5αリダクターゼの働きを抑える薬です。これらは有効成分が異なります。プロペシアに含まれるフィナステリドは脱毛を抑制する効果が認められているのに対し、ザガーロに含まれるデュタステリドは発毛効果まで期待されています。

リスクはどちらも低いですが、デュタステリドの方が効果だけでなく副作用も強めです。結構促進のためにミノキシジル外用薬を併用する場合がよくあります。

これらの薬は、5αリダクターゼの働きを一時的に抑える効果しかないので前頭部の薄毛を進行させたくないなら継続的な服用が求められます。

女性はホルモンバランスを大切に健康的な生活を

女性は本来薄毛になりづらく、男性のようにハゲてしまうことはまずありません。よって女性が薄毛で悩んでいるときはまず健康になりましょう。ホルモンバランスを整えて女性ホルモンを十分に分泌できるようになれば男性ホルモンの悪影響を受けづらくなります。

十分な栄養素を髪に届けるため、無理なダイエットもやめましょう。ダイエットで大切なのはローカロリーよりも健全な代謝です。カロリーを減らしすぎると代謝に使うエネルギーすら確保できなくなります。

前頭部の薄毛はAGAが原因かも。気づいたらすぐにAGAクリニックへ

前頭部だけ目立って薄いなら、AGAの可能性が考えられます。もし親や祖父母にハゲている人がいるならその可能性は高いでしょう。AGAは放っておくと加速度的に進行するので20代、30代であってもすぐにAGAクリニックへ行きましょう。

女性の場合も薄毛は体の異常が疑われるので女性用のAGAクリニックや女性科に診てもらってください。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます