こどもの薄毛対策|小学生が薄毛になる原因は?いじめに繋がることも

薄毛の原因 2018.06.18

小学生の薄毛は心のケアが大切

小学生の薄毛は悩みの元になる

小学生で薄毛になる人は珍しく、本人が深く悩んでしまうことも珍しくありません。薄毛が目立つ場合、好奇の目に晒され時にはいじめに繋がることもあるでしょう。ただ、多くの場合子供達はその見た目に慣れるのであれこれ言われるのは一時的です。

薄毛は大人でも気になるもの

薄毛の悩みなんて…と思う人がいる一方で薄毛を指摘されて大きく心が傷つく人もいます。薄毛はAGAクリニックで診療してもらうことができますが、大人でさえその恥ずかしさからなかなか病院へ通えません。

心がデリケートで他人が気になる年頃の小学生ならなおさらです。とくに女の子は薄毛による心のダメージが大きいので軽率な物言いは避けましょう。

大抵の場合、薄毛は受け入れられる

人と違う、ということは時にいじめの原因になりますが見た目の違いを気にするのは最初だけで一定の時間が経てば受け入れられる方が多いです。ただ、時には薄毛と言う理由で誹謗中傷を受け続けることもあるのでそのときはしかるべき対策を考えましょう。

大人になってからも病的な薄毛でどうこう言われる機会は多くありません 。むしろバーコードハゲなど一般的なハゲ方の方が印象を落としがちです。

大切なのは薄毛とうまく付き合うこと

こちらでは小学生にありがちな薄毛の原因と対策を紹介していますが薄毛はすぐに治るものではないし、中には大人になっても治らないものもあります。そのため、薄毛を直すだけでなく薄毛とうまく付き合えるよう心のケアをすることが求められます。

小学生の薄毛はどんな原因でなるの?

生活習慣による薄毛

小学生の薄毛として考えられるのは生活習慣です。髪の毛には十分な栄養素と血液が供給されなくてはいけないのですがなんらかの原因でうまくいかないと髪の毛の成長が邪魔されてしまいます。髪の毛に栄養が行き渡らないことは薄毛だけでなく白髪の原因にもなるので注意しましょう。

食生活の乱れ

好き嫌いが多いと十分に栄養が取れず元気な髪の毛が育ちません。タンパク質やビタミン、ミネラルをバランスよく摂って元気な体を作りましょう。よく栄養をとることは体が丈夫に育つことや綺麗な肌にも関わります。

お菓子の食べ過ぎ、ジュースの飲みすぎにも注意させましょう。

小学生でダイエットはNG

小学生でのダイエットはNGです。体重や体型が気になったとしてもそれ以上に大事なのは大人になるまで成長し続ける体に必要な栄養補給です。ダイエットは栄養不足の原因となるので薄毛以外にも体の不調を引き起こします。

夜更かし

夜遅くまでテレビを見ていたりゲームをやったり。最近はスマホが普及しているためYouTubeをずっと見て入られますね。でも夜更かしすると成長ホルモンがうまく分泌されないので背も伸びづらいし髪の毛も成長しづらくなります。

また、夜更かしは自律神経に負担を与え脳の働きを悪くします。しっかり寝る時間を作りましょう。

ストレス

ストレスは体を緊張状態にして、血管を狭くします。血管が狭くなると血の巡りが悪くなるため髪の毛に栄養が行き渡りません。ストレスでの薄毛は子供、大人問わず気をつけたい症状です。薄毛は薄毛であることがストレスにつながり、時には自分で髪の毛を抜く抜毛症の原因にもなります。

円形脱毛症

小学生の脱毛で悩まされるのは円形脱毛症です。生活習慣による薄毛であれば全体的に髪が薄い程度ですが、円形脱毛層の場合は一部分が短期間かつ大量に脱毛します。円形脱毛症は普通の薄毛より目立つのです。

”円形脱毛症”で全身の毛が抜けることも

円形脱毛症といえば10円ハゲと言われるように一部だけ髪の毛が抜けるものと思われがちですが範囲が広くなるとむしろ一部しか髪の毛が残らないケースや、頭どころか全身の体毛が抜けてしまうこともあります。

円形脱毛症だからといって必ずしも円形に髪の毛が抜けるとは限りません。時には帯状に髪の毛が抜けてしまうこともあります。とにかく、短期間で大量の脱毛があったら円形脱毛症を疑ってください。

ストレスが無くなっても円形脱毛症は治らない?

円形脱毛症の原因としてよくストレスが取り上げられますが、ストレスが直接脱毛を引き起こしているわけではありません。円形脱毛症は免疫細胞であるリンパ球がストレスなどによって毛根を攻撃してしまうことによって引き起こされます。

したがってストレス要因を解決したとしても円形脱毛症が解決するとは限りません。それよりも自己免疫応答を起こしやすいアトピー素因との関係性が有力視されています。

円形脱毛症の治療で髪を生えさせることはできない

円形脱毛症の治療はこのリンパ球の攻撃を抑えることが目的となります。ステロイドの塗布や免疫反応を人為的に起こして免疫細胞の標的を変えることなどが選択肢になります。

即効性の高い治療法としてステロイドの全身投与も選択肢に考えられますが、小学生には負担が大きいので採用されません。

いずれの場合においても大事なのは円形脱毛症治療にできるのは、脱毛の抑制までと言うこと。その後、髪の毛が生えるかどうかはその子次第です。もともと髪の生える力が強くて元どおりになる子もいれば大人になっても全く生えてこない子もいます。

小学生の薄毛は原因不明のものもある。過度に自分を責めないこと

病気=誰かのせいではない

小学生の薄毛は大人の薄毛よりも治療の面・心理的配慮の面のいずれも難しく、円形脱毛症のように原因が特定できないこともあります。子供が病気になった時、親の責任が問われることもありますが薄毛に関しては自分を責めてもしょうがありません。

親にできることは薄毛で悩む子供の心に寄り添うことと、健康的な生活をさせてあげることだけです。簡単ではありませんが薄毛と一生付き合い続けるなら薄毛を「気にしない」「笑い飛ばす」くらいのメンタリティが求められます。

子供自身が薄毛になってしまった理由を考えることもあるでしょう。その時も変な理由づけをするくらいなら、たまたまそうなってしまったこと、原因はよくわからないことをしっかり話してあげたほうが良いです。

小学生の薄毛は病院で原因を調べてもらおう

幼児の薄毛であれば見守っていれば良いのですが5歳を超えても薄毛が治らないようなら病院へ行って原因を調べてもらったほうが良いです。小学生であれば一般的に薄毛の悩みを見てもらえる皮膚科やAGAクリニックのほか、小児科も選択肢になります。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます