AGAの原因は遺伝?薄毛対策や治療法まで詳しく紹介します

AGAの基礎知識 2018.09.27

AGAの原因は遺伝。治すことはできないってホント?

AGAはジヒドロテストステロンに発毛を邪魔される病気

AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンによって発毛を邪魔される病気です。ジヒドロテストステロンの影響を受けた髪の毛は成長を終える前に抜けて行き、発毛と脱毛のサイクルが早くなって行きます。

この状態が続くと細い髪の毛しか生えてこなくなり、最終的に毛根が機能を止めてしまいます。

ジヒドロテストステロンは健康な人でも作られる

ジヒドロテストステロンは生殖器の成長に関わるホルモンで健康な人でも作られています。しかしAGAになる人は人より多くのジヒドロテストステロンが生み出され、かつジヒドロテスと受容体の感受性が高いという特徴があります。これは病気でなく遺伝による特徴です。

ジヒドロテストステロンはテストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と反応して作られます。そのため5αリダクターゼがもともと多い人はジヒドロテストステロンが多くなり、AGAになりやすいです。

『AGAになる』というのはジヒドロテストステロンによって脱毛が起きることを意味します。あくまでフサフサな人もAGAの人も同じようにジヒドロテストステロンが作られていることをご理解ください。

AGAは体質と呼ぶべきもので完治できない

AGAの原因となる5αリダクターゼの量やアンドロゲン受容体の感受性は遺伝によって決まっています。そのため一般的な病気のイメージをするよりは体質と考えたほうがわかりやすいでしょう。

つまり、AGAを完治させることはできません。太りやすい人が太りにくくなること、アトピーの人がその因子を無くすことができないようにAGAになりやすい人はたとえ薄毛が改善してもそのリスクが下がっていないことに注意しましょう。AGAの治療は将来にわたってずっと継続します。

後頭部や側頭部の薄毛はAGAが原因じゃない?

AGAには「前頭部から頭頂部にかけての髪の毛が集中的に抜ける」という特徴があります。つまりAGAが進行しきった状態でも後頭部と側頭部の髪の毛は残ります。したがって側頭部や後頭部の薄毛で悩まされる場合はAGA以外の原因を疑ったほうが良いです。

髪に良くない習慣を一つずつ直して行きましょう。短期間に大量の脱毛が見られる場合は円形脱毛症の可能性が高いです。すぐに皮膚科へ行きましょう。

AGAの進行を早める?薄毛の原因あれこれ

AGAとは関係ないが薄毛の要因は少なくしたほうが良い

AGAの対策として様々な情報を調べられますが、AGAが遺伝である以上は何か生活習慣を変えたとしてもAGAを治すことはできません。しかし薄毛につながる生活習慣をしている人はそうでない人に比べてAGAの影響を受けやすいです。

それどころかAGAでないのに薄毛で悩まされることがあります。本当に基本的なことですがこのようなところに注意してください。

食生活の乱れ

食生活が乱れていると髪の毛に栄養が供給されなくなるため成長もうまく行きません。髪の毛の成長のためにはタンパク質、ビタミン、ミネラルを積極的に食べたいですが、これらが欠けていると薄毛や白髪のリスクが上がります。髪の毛の本数が変わらなくても細くなってしまうこともあり得ます。

食生活の乱れは決して大人だけでなく成長期にある子供の髪の毛にさえ影響します。

飲酒・喫煙

飲酒と喫煙は体によくありません。それはお酒のアルコールやタバコに含まれる種々の湯がい物質が体を傷つけるからです。さらにそのような有害物質を処理しようと体がエネルギーを使うため髪の毛の成長がしづらくなることも考えられます。

さらにアルコールやニコチンは血管を狭める働きがあるせいで、毛根に十分な血液を送れなくなってしまうこともあり得ます。発毛と血行の繋がりは侮れません。血管の問題は全身の問題です。高血圧で悩んでいる人はとくに気をつけましょう。

ストレス

ストレスがかかると交感神経が活発になります。すると血管が収縮してしまうので血行が悪くなります。髪の毛に続く血管は細いですからできるだけ血の巡りを良くしたいものです。さらに、ストレスがかかるとアドレナリンや活性酸素といった有害物質が発生するため体によくありません。

また、AGAとは関係なくストレスによって円形脱毛症が起きることもあります。

睡眠不足

睡眠不足は成長ホルモンの分泌を妨げ、自律神経の働きを乱す原因となります。よって頭皮の血流を悪くする可能性があります。しっかり寝ることも健康のためです。

加齢

髪の毛が伸びることも代謝によるものです。しかし歳を重ねると代謝能力が落ちるため細胞分裂や成長のペースも落ちてしまいます。その結果加齢によって髪の毛が抜けやすくなります。

AGAは確かに髪の毛の成長を妨げますが、他にも髪に良くない要因があるならAGAは加速するでしょう。

ホルモンバランスの乱れ

ジヒドロテストステロンの影響によって髪の毛が抜けるため、女性でもAGAになります。女性がAGAになりづらいのは女性ホルモンが優位だから。ということはホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの影響力が強くなるとAGAになってしまいます。

女性のAGAはホルモンバランスを整えることが有効です。

AGAを治すには原因にアプローチしなければいけない

AGAは薬で治す

AGAは薬で治療します。完治することはなくてもAGAの原因となる5αリダクターゼの働きを阻害することができます。これによって体内のジヒドロテストステロンを減らしAGAの症状を軽くすることができます。

薬がうまく聞けば薄毛の進行をストップさせ、時には発毛も期待できます。実は、AGAの治療は脱毛が進行しなければ有効とされておりAGA治療薬は発毛効果まで処方していません。よって発毛できるかどうかは本人の毛根次第です。

治療薬はプロペシアとザガーロ

5αリダクターゼを阻害する薬はプロペシアとザガーロの2種類があります。それ以外の薬はこれらのジェネリックかコピー品です。

プロペシアはフィナステリドという成分が含まれていて実績の多さと価格の安さがメリットです。一般的な皮膚科で処方してもらえるかもしれません。

ザガーロはデュタステリドという成分が含まれていて効果の強さがメリットです。プロペシアより効果が強いぶん割高なのでプロペシアが効かなかった人やAGAの度合いが強い人におすすめです。

プロペシアやザガーロで胸焼け?

どのような薬にも副作用があるものですが、プロペシアやザガーロの副作用としては性欲減退や肝機能障害の他に胸焼けが知られています。ただし、副作用といってもあくまでわずかな可能性に過ぎないので過度の心配は不要です。

それに医薬品の副作用についての懸念は血液検査で判断することも可能です。

どうしても髪の毛を生やしたい時は

どうしても髪の毛を生やしたい時はAGA治療以外の方法を用います。例えば眠ってしまった毛根を活性化させるために成長因子を注入する育毛メソセラピーや自分の髪の毛を移植する自毛植毛がこれに当たります。

これらの方法はAGA治療単体に比べて高い成果が期待される反面かなり高価です。可能な限り初期段階でAGA治療をした方が結果的に安上がりになるでしょう。

原因と関わらないなら効果もない

AGAはジヒドロテストステロンが原因となっているためジヒドロテストステロンの量やアンドロゲン受容体の感受性についてのアプローチができない方法での治療・予防はできません。

したがって頭皮の健康を保つための育毛シャンプーや髪の毛に栄養を与える育毛剤、ヘッドスパではまず改善が見込めません。

AGAの原因、ジヒドロテストステロンを減らせるのは薬での治療だけ

どんな病気でも、原因に合わせた治療をしなければ治りません。AGAを本気で治療したいならその原因を抑えてくれる薬での治療が必須です。治療薬の選択肢が多く設備が充実しているAGAクリニックならAGAで悩む人に対してわかりやすく治療の流れや費用について教えてくれるでしょう。

カウンセリングは無料で行っています。勇気を出して問い合わせてみましょう。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます