AGAは医者に治療してもらうべき薄毛。通うならAGAクリニックへ

AGAの基礎知識 2018.08.30

医者に頼るしかない?薄毛問題、AGAを解決できるのはどこか?

AGAを解決するためにどんな選択肢があるのか

悩んでいてもなかなか相談しづらい薄毛の問題。とくにAGAは男性によくみられる脱毛症のため多くの方が有効な対処ができないままであることが予想されます。AGAをはじめ薄毛対策は費用が高そうだし病院に行くのもちょっと気がひける、そもそもどんな手段が有効なのかわからないと悩む方も多そうですね。

まずは、薄毛や抜け毛の問題を解決するためにどんな選択肢があるのか見ていきましょう。

ドラッグストアに行く

ドラッグストアには軽い症状を治せる薬の他に様々なサプリメントや健康グッズが売られています。場合によっては雑貨店を兼ねていることも多いでしょう。薄毛対策になりそうなサプリメントや育毛シャンプーを探すだけならドラッグストアでも十分な品揃えが期待できます。

しかし、ドラッグストアを見ても「AGAを治療する」ような商品は見つからないでしょう。AGAの治療薬は気軽に買えないしサプリメントでの治療も難しいのです。ただし、薄毛の大きな原因として栄養不足や血行不良、ストレスが知られていることからそれらに対策できるようなアイテムを買うのは良い選択と言えます。

通販を利用する

ドラッグストアには様々な商品が売っていますが、より多くの薄毛対策商品を調べたいならネットを利用した方が合理的です。試しに薄毛対策のサプリメントを検索してみればドラッグストアと比較にならないほどの品揃えに驚くかもしれません。

しかし、先ほど説明したようにAGAであればサプリメントや育毛剤での解決は難しいです。

医薬品の個人輸入はお勧めできない

AGAの治療は基本的に医薬品を用います。海外の医薬品を個人輸入する ことも一つの通販と言えますが自分にあった安全な薬を選べないと効果が得られないどころか思わぬ副作用に苦しむ危険性があります。

美容院に相談してみる

薄毛予防をメニューに入れている美容院をたまに見かけますね。美容院で行なっている薄毛対策は頭皮に優しいシャンプーを使うことや頭皮マッサージで頭の血流を良くすることですが、あまり高い効果は期待できないでしょう。

育毛サロンを利用する

薄毛問題を相談する場として育毛サロンも知られています。育毛サロンではカウンセラーがお客さんの状態をヒアリングしてそれに合わせた施術を行ってくれますが、医療行為は行えません。

あくまで頭皮の汚れを落とす、血行を良くする効果を得るために利用してください。

病院へ通う

そして、薄毛治療の最終手段といえば病院です。AGAは病気なので生活習慣の改善だけでは治せないし、そもそもAGAであることを医師の目で診断してもらわなくてはいけません。

薄毛にはいくつかの原因があるのですが、原因に合わない対策をしていても解決は難しいです。医薬品での解決を考えていない人でも一度は病院で診断を受けてください。

やっぱり医者に頼るべき!AGAはなぜ病院に行かなければ治らないのか?

AGAは病院で治すべき病気です

男性によく見られるAGAは男性型脱毛症という病気です。加齢や栄養不足などが原因であれば体を元気にすることが解決になりますが、AGAにはもっと深い原因があるため病院での治療が必要となります。

AGAはジヒドロテストステロンに発毛を邪魔される病気

通常、髪の毛は発毛してから2〜6年間成長を続けて自然に抜け落ちます。そして再び髪の毛が生えるまでのサイクルを発毛サイクルというのですが、男性ホルモンであるテストステロンが変化したジヒドロステロンが多い人はその物質によって発毛を邪魔されてしまいます。

髪の毛の成長を阻害され続けることで髪の毛は痩せ細り、最終的に発毛の機能さえ止めてしまいます。AGAが男性特有の病気と言われるのはテストステロンの量が圧倒的に多いからで、女性であっても何らかの原因で女性ホルモンが大きく減ってしまえばAGAになります。

女性も、テストステロンが分泌されているからです。

AGAの原因は遺伝!

テストステロンをジヒドロテストステロンに変えてしまうのは5αリダクターゼという酵素です。これが多い人やジヒドロテストステロン受容体の感度が強い人はジヒドロテストステロンの影響を受けやすいためAGAになりやすいです。

ところが、5αリダクターゼの量やジヒドロテストステロン受容体の影響力は遺伝によって決まっています。そのため、何か外的要因による症状というよりは体質と捉えた方がわかりやすいかもしれません。

AGAは家系で予想できる

AGAが遺伝するということは、自分の家系が薄毛になりやすい場合に自分もAGAである可能性が高くなります。父方、母方両方の家系に薄毛の人がいるかよく調べましょう。

「ハゲは隔世遺伝する」という都市伝説はAGAのリスクに複数の要因が関わっているためです。隔世遺伝はしたりしなかったりします。

AGAは治せないから薬で止める

AGAは遺伝による脱毛症です。これはどうしても完治できないことを意味します。よって病院では医者が薬を処方してAGAの進行を止めます。AGAの進行が止まると人が本来持つ発毛力で髪の毛を生やすことができます。

ただし、AGA治療薬を使っても発毛できない場合も多いため進行する前の受診が強く推奨されます。

プロペシアとザガーロでリダクターゼの働きを抑える

病院で処方されるプロペシアとザガーロはジヒドロテストステロンが増える原因の5αリダクターゼの働きを抑えます。プロペシアとザガーロは有効成分の違いからザガーロの方が効果と副作用が強いです。

プロペシアはフィナステリドという有効成分が使われていて、脱毛抑制までが効能となっています。発毛はできたりできなかったりします。

ザガーロはデュタステリドという有効成分が使われていて発毛も効能の一つとなっています。ただし本当に発毛できるかどうかは人によります。

より発毛しやすくするために発毛促進効果のあるミノキシジル外用薬が併用されます。代表的なものはリアップです。

AGA治療で医者を頼るならAGAクリニックを選びたい理由

医者に頼るなら皮膚科よりAGAクリニックを選ぼう

薄毛の問題は皮膚科の分野ですが一般的な皮膚科よりAGAクリニックを選んだ方が良いと思われます。AGAクリニックは薄毛問題、とくにAGA治療に特化した病院であるため薄毛治療の選択肢が多く、各ポイントで薄毛に悩む人への配慮が見られます。

治療の選択肢が多い

皮膚科もAGAクリニックも医者が診断、治療してくれる点は変わりません。しかし一般的な皮膚科は皮膚全般の症状に対応するためAGA治療の選択肢が少なく、処方される薬もプロペシアが一般的です。そもそもAGA治療に対応していない場合も珍しくありません。

一方でAGAクリニックならAGA治療を専門としているのでプロペシア、ザガーロ、ミノキシジルタブレット、パントガール 、パントスチンなど患者さんに合わせて様々な薬を処方してもらえます。

そのほかにはAGA患者向けの遺伝子や血液の検査、頭皮に直接発毛に良い成分を注入する育毛メソセラピーなどを用意しています。一般の皮膚科にはここまでの設備がないはずです。

居心地の良いスペース

AGAクリニックはいかにも病院という雰囲気でなく薄毛に悩む人が居心地よく過ごせるように配慮されています。例えば病院内が清潔でおしゃれな内装になっていたり、プライバシーに配慮した診療室になっていたり、完全予約制を採用していたり…など。

一般の皮膚科は診療内容が他の患者さんに聞こえてしまうのでデリケートな薄毛の悩みを話すのには向いていません。(もちろん医師としての実力に優劣をつけるものではありません)

カウンセラーに悩み相談できる

AGAクリニックでは医者に相談する前にカウンセラーと話すことができます。カウンセラーとの面談では具体的な診断はされないものの病気との関連が薄い悩みも打ち明けられます。カウンセリングの段階で頭皮の状態を写真撮影してもらえるのでそれを元に医師の診断を受けるかどうか決められます。多くの場合はカウンセリング料がかかりません。

AGAは”医者に見せるのが恥ずかしい”と思っているうちに進行していきます

取り返しのつくうちにAGAクリニックを受診しよう

AGAは医者によって診断してもらうべき病気であり、AGAクリニックで治療してもらうべき病気です。一般的な薄毛とは全く違うことをご理解ください。AGAには複数の進行パターンがあるものの共通するのは「加速度的に進行する」点です。まだ少ししか進行していないから大丈夫と放置したり、サプリでごまかしたりしないでください。

AGAは発毛を邪魔する病気ですから「ちょっと髪の毛が細くなったな」と感じた時、すでに危険サインです。

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます