AGAの症状~初期症状と特徴、原因から治療法まで徹底解説!

AGAの基礎知識 2018.12.10

AGAの症状に悩んでいる男性必見!

60代の男性の約半数程度が薄毛に悩んでいると言われていますが、その原因の多くが男性型脱毛症AGAと言われています。

男性にとって髪の毛は若さの象徴でもあり、自分に自信を与えてくれるものでもあります。男性の薄毛を効果的に治療するためにAGAとは何か、初期症状と原因、AGAの治療方法について徹底的に解説します。

AGAとは?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaを略した言葉で男性型脱毛症とも呼ばれており、脱毛症の一種です。

個人差がありますが30代~40代を境にして発症する方が多く、一度発症すると最適な治療を施さないかぎり症状は進行し続けると言われています。AGAは円形脱毛症のようにいきなり髪が抜けるのではなく、少しずつ薄毛が進行していくため初期症状に気づかず、ある時いきなり自分が薄毛であることを自覚する方も多いようです。

一昔前は薄毛は治らない!と言われていましたが、時代は変わり治療薬も進化しています。早い段階で最適な治療を始めることによってAGAを治療できる可能性も高くなるでしょう。

AGAの原因は男性ホルモン

男性型脱毛症AGAを発症する原因の一つはテストステロンと呼ばれる物質であることが分かっています。

しかし、テストステロン自体が薄毛の原因になるわけではありません。テストステロンは男性ホルモンに含まれている物質で男らしい体つきを維持する働きをします。テストステロンの分泌量は一定と言われており、男性にも女性にも存在しています。

このテストステロンが毛乳頭細胞に取り込まれた際に5αリクターゼと結びつき、ジヒドロテストステロンという物質に変換されます。

男性型脱毛症AGAの直接的な原因はこのジヒドロテストステロンであると言われており、AGA専門クリニックにおいてもジヒドロテストステロンの影響を抑制するための治療が行われます。まさに、ジヒドロテストステロンがAGAの元凶なのです!

ジヒドロテストステロンと薄毛の関係

テストステロンが毛乳頭細胞に組み込まれ、ジヒドロテストステロンに変換されると髪のヘアサイクルが乱れます。髪には成長期・休止期・後退期というサイクルがあり通常は4~6年程度の成長期間があり、髪は黒く・太く成長します。

しかし、ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞に悪影響を与えるようになると、成長期間が短くなり髪が十分に成長しないまま抜け落ちます。次に生えてくる髪の準備が整っていない段階で抜け落ちるため、薄毛が目立つようになります。

AGAが進行している髪の毛根をチェックすると後退期に入っている髪の割合が多く、成長期の髪の割合が少なくなっているようです。AGAを効果的に治療するためにはジヒドロテストステロンの影響をいかに抑制するかがカギになります。

薄毛と遺伝の関係性

薄毛は遺伝だから仕方がない!という声をよく聞きます。実際、薄毛と遺伝は大きな関係性があり、薄毛の遺伝子を多く受けているほど薄毛になりやすいのです。

しかし、遺伝ですべてが決まるわけではなく、適切な治療を早い段階で施すことによって遺伝に打ち勝って髪を生やすことも可能かもしれません。

薄毛の遺伝に関しては母親の遺伝傾向を強く受け継ぐと言われています。そのため、母方の父親や男兄弟に薄毛の方が多いなら、あなたにも薄毛の遺伝子が強く受け継がれている可能性があります。

しかし、自分で薄毛の遺伝傾向を正確に判断することはできませんから、気になるのであればAGA専門のクリニックを受診したほうがいいでしょう。

男性型脱毛症AGAの初期症状を見逃すな!

男性型脱毛症AGAは進行性の脱毛症のため、症状を放置しておいても薄毛が完治することはないでしょう。

また、AGAを治療するためには早い段階で対策を講じる必要があります。AGAの初期症状について詳しく解説します。

前頭部と頭頂部の髪が薄くなる

男性型脱毛症AGAを発症すると前頭部と頭頂部の薄毛が進行します。一般的にM字型・O字型と呼ばれています。

最初は前頭部の一部分、頭頂部の一部分の薄毛が進行しますが、症状が進むにつれて薄毛の範囲が広がっていき、最終的には前頭部と頭頂部の薄毛がつながり、頭皮全体の髪がなくなってしまいます。

特に頭頂部の薄毛は気づきにくく、薄毛の初期段階を見逃してしまいがちです。自覚した時には薄毛がかなり進行しており、治療までに時間がかかることもあるようです。

実際、AGA専門のクリニックを訪れた頭頂部の薄毛に悩む方の多くが、いきなりハゲた!と言われるようですが、実際は薄毛の進行に気づかず状態を放置していた場合が多いようです。

鏡を使ったり、他の人に確認してもらうなどして薄毛の進行状況に注意を払いましょう。

側頭部と後頭部がハゲない理由

AGAによって髪が抜ける原因がジヒドロテストステロンの影響によるものであることをご説明しました。

ジヒドロテストステロンは5αリクターゼとテストステロンの結びつきによって生成されますが、側頭部と後頭部には5αリクターゼが低濃度しか存在しておらず、そのためその部分は薄毛が進行しにくいのです。

実際、AGAがかなり進行している方でも側頭部や後頭部の髪は残っている場合が多いのです。そのため、側頭部や後頭部の髪の量はAGA発症の判断基準になりにくいので気を付けましょう。

髪の軟毛化

ジヒドロテストステロンの影響によってAGAを発症すると髪が柔らかくなります。これは髪のヘアサイクルが乱れ、髪の毛が十分に成長できていないのが原因のようです。

特に前頭部と頭頂部の軟毛化が進み、思い通りのヘアスタイルができなくなります。若いころには固く元気な髪質だったのに年齢に伴って髪が柔らかくなってきたのであればAGAの発症を疑った方がいいかもしれません。

また、軟毛化に伴って髪自体も細く・弱い髪になります。コシがなくなり、艶も減少していきます。髪の本数が少なくなるだけでなく、髪の毛自体が細くなるのでますます薄毛が目立つようになるのです。時々、抜け毛をチェックして髪の太さを確認することも必要でしょう。

AGAクリニックで毛根チェック!

AGA専門のクリニックを受診すると抜け毛の毛根をチェックしてくれるでしょう。健康的な毛根は十分な栄養を吸収しているのでマッチ棒のように膨らんでいます。しかし、AGAが進行してヘアサイクルが乱れている髪の毛根は尖っていたり、歪な形をしていることがあります。

また、毛根の先から白い棒のようなものが出ているかもしれません。これは、皮脂の過剰分泌が原因かもしれません。いずれにしても、毛根の状態をチェックしてもらうことで自分の髪の状態を把握できますし、ヘアサイクルの乱れの状態もある程度知ることができるでしょう。

抜け毛が増える

男性型脱毛症AGAの初期症状の一つが抜け毛の増加です。あなたの一日の抜け毛の量はどのくらいでしょうか?

人間には10万本の髪の毛があると言われており、一日の抜け毛の量は100~150本程度のようです。季節や個人によっても違いがありますが、大体このくらいの本数が許容範囲でしょう。

しかし、AGAを発症すると一日の抜け毛の量が200本以上になることもあり、生えてくる髪よりも抜ける毛の方が多いので薄毛になってしまいます。

AGA治療を始める際の重要なポイントの一つが抜け毛の量を減らすことです。今現在、どのくらいの量の毛が抜け毛ているのか把握しておく必要があるでしょう。

朝起きた時の抜け毛

まず、確認したいのが朝起きた時の抜け毛の本数です。枕に何本くらいの毛がついているでしょうか?

本来、抜け落ちるべき髪の毛は前日のシャンプーの時に抜け落ちているはずです。ですから、朝の抜け毛の本数は0~5本程度が共用範囲でしょう。もし、10本以上の抜け毛が枕についているならAGAが進行している可能性があり、なるべく早い段階で対策を講じる必要があります。

朝の抜け毛の本数を正確に把握するためには数日間にわたって調査したほうがいいでしょう。その日の体調や前日のシャンプー方法によって抜け毛の数は前後しますから一週間適度連続して抜け毛を数をチェックしてみてもいいかもしれません。

頭皮の硬化

人間の体は年齢を重ねるにつれて硬くなっていきます。関節・骨・皮膚などは硬化していくのです。頭皮も同じです。年齢と共に頭皮は固くなっていきますが、AGAを発症すると頭皮の硬化が早くなるようです。

健康的な髪の毛を作り出すためには柔らかい頭皮が必要です。カチカチの頭皮では毛根は十分な栄養を吸収することができず、成長の途中段階で抜け落ちてしまうかもしれません。
実際、薄毛が進行している方の頭皮は非常に固くなっており、両手で掴んでも全く動かないこともあるようです。

頭皮自体には筋肉がなく自分の意思で動かすことができません。そのため、すぐに硬くなってしまい血行不良の原因になるようです。時々自分の頭皮を掴んでみてスムーズに動かすことができるかどうか確認しておきましょう。

理想的な頭皮の色

健康的な頭皮は青白い色をしています。血行状態が良く頭皮も柔らかい状態が維持されている証拠です。

一方で不健康な頭皮は茶色っぽい色をしていたり、赤みがかっていることがあります。頭皮が硬くなっていて、十分の量の血流が頭皮にいきわたっていない証拠かもしれません。

特に頭頂部の頭皮の色を確認してください。前頭部は比較的に血流が豊かなようですが、頭頂部は血行不良になりやすいからです。鏡を二枚使うなどして自分の頭皮の色をチェックしましょう。

AGAを発症する原因

男性の薄毛の主な原因であるAGA。発症する原因を把握できれば薄毛を効果的に予防できるかもしれません。

AGAを発症する原因はいくつかあると言われていますが、その中でも代表的なものをご紹介します。予防も兼ねて薄毛になる可能性があるものはなるべく排除していきましょう。

男性ホルモンの影響

男性型脱毛症AGAの主な原因の一つは男性ホルモンの影響によるものです。若いときには男性ホルモンの影響を受けながらも若さゆえに髪の発育を維持できるのかもしれませんが、年齢と共に男性ホルモンの影響の方が優勢になり、薄毛を進行させてしまいます。

一般的には男性ホルモンの影響を強く受けている人の方が薄毛になる確率が高いと考えられています。体毛やすね毛、ひげが濃い方などは将来的な予防も兼ねて対策を講じる必要があるかもしれません。

また、5αリクターゼとテストステロンの結合の相性は遺伝によって決まるとも言われています。両者の結合の相性が高ければ高いほどジヒドロテストステロンが生成されやすくなり、それに伴って薄毛が進行しやすくなります。

AGA専門のクリニックでは自分のどの程度男性ホルモンの影響を受けているのか検査してくれますから、心当たりのある方は予防も兼ねて受診してみるといいでしょう。

男性ホルモンを抑制するためにはAGA専門のクリニックを受診

AGAの直接的な原因になる男性ホルモンの影響を抑制するためにはAGA専門のクリニックを受診する必要があるでしょう。男性ホルモンを抑制するための治療薬が処方されますから、それを服用することによってジヒドロテストステロンの生成を抑え込むことができます。

今のところ、男性ホルモンを抑制するためには専門の治療薬しか方法がないと考えられていますから、効果的な治療方法としては薄毛専門のクリニックに診てもらったほうがいいでしょう。

頭皮環境の乱れ

頭皮環境の乱れは薄毛を進行させる原因になります。専門のクリニックでAGA治療を始めるときにも、現段階でどの程度頭皮環境が乱れているのかの検査が行われ、適切な治療が行われるようです。

頭皮環境乱れは皮脂の過剰分泌や頭皮の痒み、フケの大量発生の原因になり、症状を放置しておくなら抜け毛の原因になる可能性があります。

大量のフケが発生すると毛穴が詰まってしまい、毛母細胞の活性化を阻害するかもしれません。毛母細胞の活動が弱体化すると細胞分裂の回数が少なくなり、新しく生えてくる髪が少なくなってしまいます。自分の頭皮環境が乱れていないが定期的にチェックしましょう。

皮脂の過剰分泌

男性は女性よりも多くの汗をかくため、皮脂もたくさん分泌されます。頭皮には潤いが必要ですから、ある程度の皮脂の分泌は問題ありません。しかし、皮脂が過剰に分泌されるようになると毛穴が皮脂で詰まり、毛根の細胞分裂の邪魔をしてしまいます。

また、紫外線などの影響によって酸化した皮脂はアクネ菌などの雑菌のエサになり、頭皮の痒みなどの原因になる可能性があります。加えて、皮脂の過剰分泌は頭皮のべたつきを引き起こす可能性もあり、頭皮衛生状態を悪化させます。

AGA専門クリニックで処方された治療薬や育毛剤で薄毛治療を行うにしても、清潔な頭皮環境は必須ですから、頭皮の匂いやべたつきが気になる方は皮脂が過剰に分泌されていないか確認してみましょう。

偏った食生活は皮脂の過剰分泌の原因に

頭皮の皮脂の分泌量は個人差があり体質によっても変わってくるようですが、偏った食生活は皮脂の過剰分泌を促す可能性があります。

ジャンクフードや脂っこい食事を習慣にしているなら皮脂の分泌量が増えてしまうかもしれません。ファストフードや丼ぶりものなどのがっつりした食事が好きな方はいきなりすべての食生活を変えてしまうと大きなストレスになるでしょう。

まずは脂っこい食事の頻度を抑えることから始めてみるのはどうでしょうか。

髪の栄養不足

髪の毛への栄養が不足してしまうと毛母細胞の活性化が阻害され、髪が十分に成長できなくなるかもしれません。

髪の毛は体内でも生命の維持に不可欠な部位ではないので、体の栄養素が不足すると他の器官に配分されてしまうそうです。内臓や皮膚などは命にかかわる重要な器官ですからそちらが優先されてしまうのです。

ですから、十分な量の栄養を補給してあげましょう。これを食べれば必ず髪が生える、という食物はありません。大切なのはバランスの整った食生活を心がけることです。和食でも洋食でも構いませんが、野菜・肉・魚などの総合的に摂取しましょう。

すべての栄養素を食事で補うことができればそれが一番ですが、もし難しいようであれば育毛に効果的に栄養を配合しているサプリメントを使用することでAGAを予防できるかもしれません。

頭皮の血行不良

頭皮は体の一番上に位置しており、頭皮自体に筋肉がないため血行不良に陥りやすいようです。髪の毛根は血液を介して栄養を吸収するため、頭皮への血行が不足すると毛根が十分な量の栄養を吸収できなくなり、薄毛になってしまう可能性があります。

血行不良になっている髪の毛根は細く尖っていたり、歪な形をしている場合があります。抜け毛の毛根をチェックして健康的な毛根でなかった場合、AGAの症状が現れている証拠かもしれません。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れもAGAの症状を発症させる要因になることがあります。健康的な髪の毛を作り出すためには健康的な生活習慣を維持する必要があるでしょう。

育毛剤や薄毛治療薬で対策を講じたとしても生活習慣が乱れているなら、十分な効果を発揮してくれないかもしれません。特に睡眠は重要です。髪の毛は就寝中に細胞分裂をくり返しますから睡眠不足が習慣にならないように注意しましょう。

睡眠時間と共に睡眠の質も重要です。ノンレム睡眠をしっかり取ることで細胞のアンチエイジング作用が促進されますし、髪の生育に良い影響を与えます。AGAの症状を実感しているのであれば意識的に質のいい睡眠をとれるように心がけましょう。

夜勤は薄毛になる?

夜勤をすると薄毛になる!という話を聞かれたことがあるかもしれません。しかし、医学的には夜勤と薄毛の関係性は解明されていないようです。

実際、夜勤勤務を行っておられる方でもフサフサの髪の方がおられますし、日勤でも薄毛に悩んでいる方がいます。夜型勤務の方が体の調子がいい、という方もおられます。

ですから、日勤・夜勤にこだわるよりも十分な睡眠をしっかりと取れるように環境を整えてあげることが大切かもしれません。

運動不足

運動不足は全身の血行不良を悪化させることになり、AGAの症状を引き起こす可能性があります。全身の血行を促進させるためには筋肉を動かし、有酸素運動を行う必要があります。週に数回の運動を習慣にするといいでしょう。

また、頭皮への血行を促進させるため肩甲骨から肩まわりの体操を行うといいでしょう。一日に数回のストレッチ運動を取り入れてみるのはどうでしょうか。

ストレス

適度なストレスは生活にメリハリを与えてくれますが、過度なストレスを受け続けると自律神経が乱れ、髪のヘアサイクルを乱す可能性があります。

科学的にストレスと薄毛の関係性は実証されていないという見解もありますが、過剰なストレスが人体に悪影響を与えるのは事実です。そのため、ストレスを体内にため込むことによってAGAの症状の引き金になる可能性があります。

適度な運動に習慣にしたり、自分なりのストレス解消法を見つけておくといいかもしれません。ストレスを上手に発散することでAGAを予防しましょう。

間違ったヘアケア

間違ったヘアケアはAGAの症状を引き起こす可能性があります。

特に注意したいのがシャンプーの方法です。髪と頭皮をゴシゴシと擦るような洗い方では頭皮はきれいになりませんし、毛穴の中の汚れを掻き出すことが難しいでしょう。

清潔な頭皮は薄毛治療を行う上で重要はポイントですから正しいシャンプーの方法をマスターしましょう。

  • 湯船につかって毛穴を開かせる
  • 両手で頭皮を掴み優しくもみ洗い
  • すすぎ残しがないように洗い流す

ポイントは髪ではなく頭皮を洗うようにしてシャンプーすることです。毛穴の中の汚れを掻き出すためには頭皮を縮めたり伸ばしたりして洗う必要があります。

前頭部・後頭部はすすぎ残しが出やすい部分なので気を付けましょう。残ったシャンプー剤は雑菌のエサになり頭皮トラブルの原因になる場合があります。

正しいシャンプーの方法をマスターしてAGA予防に努めましょう。

AGAクリニックで正しいシャンプー方法を学ぶ

AGA専門クリニックでは、正しいシャンプーの方法を教えてくれるでしょう。薄毛に悩んでいる方の場合、抜け毛の量が気になって洗う力が弱すぎる方も多いようです。腫れ物に触るようにして洗ってしまうのです。

しかし、そのような洗い方では逆に頭皮環境を悪化させることになり、抜け毛の量が増えてしまうかもしれません。自分のシャンプー方法が正しいかどうか、専門家にチェックしてもらうことも有益です。

AGA専門のクリニックでの治療内容

男性型脱毛症AGAを効果的に治療するためにはAGA専門クリニックを受診するのが有効ですが、専門の病院ではどのような治療が行われるのでしょうか。

初めての方でも安心して受診できるようにAGA専門クリニックの薄毛治療の内容をご紹介します。

問診検査

AGA専門クリニックではまず問診検査が行われます。必要事項の記入が求められますから正確に正直に記入しましょう。

薄毛に悩んでいる期間や現在の進行状況などの基本的なことから、育毛剤やその他の治療薬を使用しているかなども記入する必要があるでしょう。心臓への疾患が合ったり肝機能障害を患っている場合はそれらも記入します。

加えて、薄毛治療を行うに際にして不安に思っていること、例えば治療内容や通院期間、薄毛を治すためにかかる費用など疑問に思うことは記入しておきましょう。薄毛治療は長期間行う必要がありますから、不安なことは早めに解決する必要があります。

視診検査

視診検査では頭皮の状態をAGAの専門家が直接チェックします。頭皮の硬さ、髪と毛根の状態を確認します。

また、AGAは前頭部と頭頂部から薄毛が進行するためどの程度薄毛が進行しているかも調べてくれるでしょう。拡大鏡を使って毛根の状態を確認するかもしれません。

現状を把握するために専門知識と機材を使って検査しますから、自分の薄毛の状態を正確に知ることができるでしょう。

遺伝子検査

AGA専門クリニックでは遺伝子検査も行ってくれます。薄毛と遺伝は大きな関係がありますが、どの程度AGAになる可能性があるのか、などを把握できるでしょう。

また、AGA治療薬が効きやすい体質なのかも知ることができます。将来的に薄毛を予防したい方などにもお勧めです。

検査キッドによるAGA検査

AGA専門のクリニックに行くのは抵抗がある、という方もいるでしょう。そのような方には検査キッドによるAGA検査がお勧めです。インターネットで申し込むことができるので人目につくことがなく、自分の薄毛の状態を知ることができます。

自分がAGAになりやすい体質なのか、AGA治療薬が効きやすいタイプなのかを把握することができます。専門病院に通うより安く済むので、将来的な予防を行いたい方に適しているでしょう。

治療薬の処方

基本的にAGAの治療は内服薬によって行われます。専門医が薄毛の状態を確認して、適切な治療薬を処方してくれます。

当然のことですが、薄毛治療薬は薬ですから処方された際の用法・容量を守らなければいけません。使用方法を誤ると人体に大きな影響を与える可能性がありますから注意しましょう。

男性型脱毛症AGAの治療方法

男性型脱毛症AGAは進行性の脱毛症ですが、適切な治療を施すことで症状の進行を食い止め、薄毛を改善することは可能です。AGAの効果的な治療方法をご紹介します。

プロペシア

フィナステリドを配合するプロペシアは男性型脱毛症AGAの効果的な治療薬の一つです。もともと、前立腺がんの治療薬として使用されていましたが、患者に発毛効果が現れたことから薄毛治療の分野でも使用されるようになりました。

プロペシアには男性ホルモンの影響を抑止し、ジヒドロテストステロンの生成を抑え込む働きがあります。厚生労働省によっても薄毛治療に有効であると認められています。

AGAによって薄毛が進行してしまった方でもフサフサの髪の戻ったという事例もあり、前頭部と頭頂部の薄毛治療に効果的です。発毛効果が現れるまでには半年から一年程度の期間が必要であり、個人によってはさらに長い期間が必要になるかもしれません。

プロペシアを服用すれば必ず髪が生えるという訳ではなく、効果が現れるのは10人に3~6人程度と言われています。

副作用

AGA治療に効果的なプロペシアですが副作用の可能性があります。元来ガン治療に使用されていた薬ですからある程度の副作用は予想できるでしょう。

代表的な副作用は以下の通りです。

  • 男性機能障害
  • 性欲減退
  • 肝機能障害

男性機能障害や性欲減退は生活に大きな影響を与える可能性のあるものですから、使用に際しては十分な検討が必要でしょう。

また、肝機能障害を発症する可能性もあるので、もともと疾患を抱えている方などは使用の前に専門家の助言を求める必要があるでしょう。

ミノキシジル

ミノキシジルは血圧降下剤として使用されていた薬ですが、使用者に発毛効果が現れたことから薄毛治療においても使用されるようになりました。

ミノキシジルには血管拡張効果があり全身の血行を促進させます。それに伴って頭皮への血行が促進され、発毛・育毛を促します。含有量は処方される薬によって異なりますが、含有量が多ければ効果的という訳ではありません。

ミノキシジルは薬としての扱いになりますから、個人の状態に合わせた適切な量を服用する必要があります。

副作用

ミノキシジルには全身の血管を拡張させ、急激に血流を促進させるため副作用が出る可能性があります。

  • 頭皮の痒み
  • 頭痛
  • 吐き気・めまい

ミノキシジルの含有量が多ければ、それだけ副作用が出る可能性も高くなります。海外製のミノキシジルを個人輸入して服用する方もいるようですが、安全面を考えるならお勧めできません。

AGA治療薬は人体に大きな影響を与える可能性がありますから、やはり専門医を受診したうえで服用する必要があります。

育毛剤による治療

男性用育毛剤には髪の発育を促進してくれる有効成分がたくさん配合されています。頭皮環境を整えたり、血行を促進させる効果も期待できます。

医薬品に分類されている育毛剤にはミノキシジルが含まれていることもあり、高い効果が期待できるでしょう。

AGAクリニックで処方された治療薬と併用することでさらに効果性を高めることができます。育毛剤には数多くの種類がありますから自分に合った商品を見つけることが必要になります。

男性の薄毛AGAは専門のクリニックで治療!

今回は男性の薄毛AGAの症状について徹底的に特集しました。AGAは不治の病ではなく早い段階で適切な処置を講じることによって治療できる可能性があります。

薄毛の状態を放置しておいても抜け毛の数が少なくなり薄毛が治る可能性は少ないのでAGA専門のクリニックを受診するなどして対策を講じる必要があるでしょう。

今回の情報を参考にして男性の薄毛AGAを治療しましょう!

AGAマガジンおすすめクリニック

AGAクリニックの選び方

通いやすい

AGAは続けることが重要なのでアクセス面は重要!

費用が明確

治療過程で追加料金が発生するかなどを事前にチェック!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます