男にもトリートメントやコンディショナーは必要?

頭皮環境悪化の原因にも

シャンプー
薄毛の男性の方はコンディショナーやトリートメントの使用には注意が必要です。
たっぷりと含まれたコーティング剤が、頭皮に大きな負担になってしまうことが考えられるからです。
頭皮に揉み込むようにするとさらに危険です。
洗い残してしまうと、それが毛穴に詰まって雑菌が繁殖し、かゆみやフケなど頭皮環境悪化の原因にもなります。

髪の短い男性には不要です

スカルプ系(頭皮ケア)以外のトリートメントやコンディショナーは髪の表面に皮膜を作ってキューティクルを引き締める、シャンプーによって失われた髪の油分を補う、静電気の発生を抑えて髪をしなやかにするなどの目的があります。
髪が短い男性の場合、そのような手当てが必要になるほど髪は痛んでいません。
それに短い髪の人が使用するとどうしても液剤が頭皮についてしまいます。
ですので、髪の短い男性には基本的に髪のトリートメントやコンディショナーは不要です。

男性でも長髪だったり、パーマやカラーをしている方は髪のコンディショナーやトリートメントが必要になってきますが、使用するときは液剤がなるべく頭皮につかないように注意し、最後は洗い残しのないようにしっかりとすすぐのがポイントです。

手順は以下のとおりです。

 コンディショナーを手にとって両手に広げます。

 痛みやすい毛先を特に重点的にして全体につけていきます。このときに絶対に頭皮につかないように注意が必要です。

 コンディショナーは髪にすぐに膜を作るので、全体にリンスが行き渡ったら時間を置かずにすぐに洗い流します。

 シャンプーのときと同じように洗い流します。下を向きながら髪を洗うと前の部分に残りやすいので、特に念入りに洗い流します。

髪のケアよりも頭皮のケアを

頭皮環境の悪化が原因で薄毛が進行している男性は髪のケアよりも頭皮のケアが重要になってきます。
今生えている髪のケアよりこれから生えてくる髪のためのケアです。
そのためにおすすめなのは一般的なシャンプー・コンディショナーではなく、スカルプ(頭皮)ケアを目的としたシャンプー・コンディショナー。
シャンプーで頭皮の汚れを特に重点的に洗浄し、コンディショナーで頭皮に潤いを栄養を与えてくれます。

髪の長い男性で頭皮環境が悪化している場合、ちょっと面倒かもしれませんが、髪には髪のためのコンディショナー、頭皮や根元にはスカルプ系のコンディショナーと使い分けるとより効果的です。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5139リアップの使い勝手 さっそく自宅で開けてみると、中身はすごくシンプルでした。 箱の中にはボトルと説明書のみ。 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし