タバコを吸うと薄毛になる?

タバコと薄毛の因果関係

タバコがさまざまな健康被害をもたらすというのはよく知られていることですが、実は髪に対しても大きな悪影響を及ぼします。
髪につやがなくなる、細くなる、白髪が増えるなどの症状の他、薄毛を促進させる原因にもなってしまいます。

髪に必要な栄養が消費される

タバコを吸うとビタミン類が大量に消費され、その中には髪の育成に必要なビタミンBとビタミンEも含まれています。
1日2箱以上吸うヘビースモーカーの方だと、サプリでビタミンを摂るようにしても、それだけで失われた分を補うことはとてもできません。

男性ホルモンを増加させる

ハーバード大学の公衆衛生学部の調査によると、タバコを吸うと男性ホルモンのジヒドロテストステロンを増加すると言われています。
ジヒドロテストステロンはAGAのもっとも大きな原因となるもので、強力な脱毛作用があります。

ニコチンで頭皮の血管を収縮

ニコチンは血管を収縮させて血行を悪くしてしまいますが、これは頭皮も例外ではありません。
頭皮の血行が悪くなれば髪に必要な栄養素が届かなり、髪が育たなくなってしまいます。
育毛のために血行促進は非常に重要なポイントです。
育毛剤や育毛サプリの中にも頭皮の血行促進によって育毛を促す商品は数多くあります。

肝臓に負担をかける

髪に必要な栄養素は肝臓を通して変換されますが、タバコはその肝臓に対しても負担を与えます。
ニコチンやタールなどの有害物質は肝臓で解毒されるため、タバコを吸っている間は常に解毒作業を強いられるからです。
長年喫煙を続けていればゆくゆくは肝機能の低下にもつながります。
また、タバコに含まれるアセトアルデヒドという物質は肝臓に対して非常に毒性が強く、肝硬変を引き起こす可能性さえあります。

喫煙によるストレス

喫煙者はタバコはストレス解消になるなんて信じていますが、それはまったくの勘違い。
タバコの禁断症状によって生じたストレスをタバコによって解消させ、それをストレス解消だと思い込んでいるだけなのです。
要するに、タバコを吸わない人よりも喫煙者のほうが抱えているストレスは大きく、それだけ髪に与える悪影響も大きくなります。

タバコは百害あって一利なし

このように、タバコは髪のためにも健康のためにも百害あって一利なしです。
ストレス解消になるというのも真っ赤な嘘です。
いきなりスパッとタバコを断つことが難しければ、徐々に本数を減らしていく、二コレットや禁煙パイプを使うなどして、あまり無理のないように禁煙を始めてみてください。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5187薬用ポリピュアEXの使い勝手 本体のボトルはプッシュ式のポンプタイプでした。 化粧品などで良くある形です。 本 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし