育毛サロンは料金が非常に高額です

育毛サロンと自己ケアの違い

育毛サロンに通う人も増えているようですが、育毛サロンに通うのと育毛剤などで自分でケアするのとでは、効果や費用にどの程度の差があるものなのでしょうか。

育毛サロンの施術内容

育毛サロンで行う施術の目的は頭皮環境を良くすることで発毛を促すこと。
ヘッドスパなどの頭皮のマッサージやクレンジングが中心となります。
専用の機材を使って専門家が施術を行ってくれるので、自分だけでケアを行うよりかは高い効果を期待することができます。

料金は非常に高額です

しかし、育毛サロンの問題は料金が非常に高額であるということです。
定番のヘッドスパは1回1万円くらいすることもあり、本格的な育毛コースだと10万円くらいになることも。
しかし、育毛サロンの公式サイトをチェックすると、ヘッドスパや初回お試しコースの金額は提示してあっても、その先のコースの料金体系は提示されていません。
非常に高額なので公表したくないのでしょう。
コースによっては返金保証もあるようですが、なにに対しての返金なのかもよくわかりません。
100万円以上もするコースにクレジットで申し込ませ、途中解約する場合は高額な解約金をとるところもあります。

自己ケアのほうがおすすめ

以上のことから、費用対効果で考えると、育毛サロンよりも自己ケアのほうがずっとおすすめです。
育毛サロンに何百万とつぎ込んだのに髪は一本も生えてこなかった……という人も少なくありません。

リーブ21は訴訟を起こされたことも

あの有名なリーブ21は過去に訴訟を起こされて敗訴したことがあります。
平成18年(2006年)、大阪市内に住む男性が3年通えば必ず髪が生えると勧誘され、週1回4年間通い続けましたが、細い髪が生えただけだったので訴えたのです。
男性は830万円の損害賠償を求め、最終的には原告側が勝訴し、リーブ21が施術代の9割に当たる430万円を支払うことで和解しました。

育毛サロンには行かないのがいちばん

育毛サロンの被害に遭わないためには、はじめから行かないのがいちばんです。
裁判を起こして勝訴できたとしても全額取り戻すことは難しいですし、使った時間と労力は戻ってきません。
リーブ21が敗訴する決め手となったのは「必ず髪が生える」と言ってしまったところ。
他の育毛サロンはこれを教訓にして過剰な表現をやめたり、手口をかなり巧妙化させてきています。
訴訟までいかないまでも、国民生活センターへの育毛サロンについての相談は非常に多いようです。
それだけ不満に思っている人が多いということです。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5187薬用ポリピュアEXの使い勝手 本体のボトルはプッシュ式のポンプタイプでした。 化粧品などで良くある形です。 本 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし