薄毛隠しの粉

薄くなっているところにふりかけるだけ

髪の薄くなっている部分にさっとふりかけ、スプレーで固めるだけで薄毛を隠すことのできる粉があります。
細くなってしまった髪一本一本に静電気で付着して太く見せ、見えてしまっている頭皮にも付着して地肌を隠すこともできます。
かつらよりもずっと手軽な薄毛隠しの方法です。

食物性繊維を炭にしたものなので頭皮にも優しく、通気性にも非常に優れているので毛穴に詰まっても皮膚呼吸の妨げになりません。
見た目もとても自然な感じに仕上がります。
ただの一時凌ぎの過ぎないとはいえ、育毛剤で髪が生えてくるのを待っていられない、今すぐに薄毛を隠したいという人にとってはとても有効な手段です。
タモリさんや99の岡村さんも過去に薄毛隠しの粉を使ったことがあるとを自分の口からカミングアウトしています。
また、SKE48の松村香織さんは女性ながらに薄毛で、薄毛隠しの粉を使用しているようです。

薄毛隠しの粉のデメリット

しかし、この薄毛隠しの粉にも次のようなデメリットがあります。

粉が飛び散る

髪に粉をかけるときにどうしても少し飛び散ってしまうのは避けられません。
それでドレッサーまわりはいつも黒い粉まみれなんてことも。
粉をかけるときに自分のシャツに付いてしまい、それで粉をかけているのがバレてしまうこともあります。

自分でふりかけるのが難しい

頭頂部のあたりは自分ではなかなか確認できないので、自分で粉をうまくふりかけるのはかなり難しいです。
自然に見せるためにはどうしても他の人の手を借りる必要があります。
プロのスタイリストにやってもらうのがいちばんですが、それだとかなりお金がかかってしまいます。

育毛に悪影響

髪にふりかけた粉はその日のうちに洗い流すべきなのですが、スプレーで固めているとなかなか落ちず、洗浄力の強いシャンプーで洗う必要が出てきます。
そうすると、頭皮に必要な皮脂まで洗い落とし、育毛に悪影響を与えてしまいます。
また、質の良い粉でしたら心配はないのですが、質の悪いものだと毛穴に詰まって皮膚呼吸を妨げてしまうことがあります。

美容師に手間をかける

粉をかけたままの状態で髪を切りにいくと、美容師はまずその粉を丁寧に取り除かなくてはならないので大変な手間をかけさせてしまいます。

いちばんの大きなデメリットは育毛への悪影響です。
粉をかけるのはいざというときだけにし、毎日使用するのは避けたほうがいいかもしれません。
かけるときはなるべく他の人にやってもらいましょう。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5139リアップの使い勝手 さっそく自宅で開けてみると、中身はすごくシンプルでした。 箱の中にはボトルと説明書のみ。 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし