植毛はデメリットいっぱい

植毛にはデメリットが多くあります

髪の毛を手っ取り早く増やす手段として植毛があります。
自毛植毛と人工植毛がありますが、どちらにもそれぞれメリットだけでなくデメリットもありますので、よく考えてから行う必要があります。

自毛植毛

自分の髪の毛を皮膚ごと採取し、株分けして植え込んでいきます。
植毛した髪は一旦抜け落ちますが、しばらくするとまた生えてきます。
その後は95%の確率で定着し、その部分はもう薄毛になる心配はありませんし、他の毛といっしょに白髪にもなるので、見た目はかなり自然な感じに仕上げることができます。
ただし、自分の髪の毛を別の部分に移し変えるだけなので、全体の髪の量は変わりません。
薄毛がまだ軽度ならばこの自毛植毛によって薄毛の部分を隠すことはできますが、薄毛がさらに進行すると全体のバランスがおかしくなってしまうこともあります。
手術費用もかなり高額になります。

人工植毛

ナイロンか化学合成繊維で作られた人工的な髪を植え込んでいきます。
自毛植毛と違っていくらでも植え込むことができますが、拒絶反応や感染症が起こることがありますので、現在アメリカでは禁止されています。
頭皮が感染症を起こしてしまったり、すぐに抜け落ちてしまったりというトラブルは日本でも相次ぎ、「被害者の会」が結成されたこともあります。
人工の髪は頭皮にとっては異物になるので拒絶反応が起こるのは当然のことですし、植え込んだ部分が雑菌の侵入口になってしまうこともあります。
感染を起こした部分の人口毛が抜け落ちればまだ良いのですが、場合によっては抜け落ちずに感染がずっと続いてしまうことも。
本当の髪の毛ではないので成長することがないので、定期的な補毛も必要になり、その費用は非常に高額になります。

植毛はおすすめできません

結論を言うと、自毛にせよ人工にせよ植毛はまったくおすすめできません。
薄毛を改善したければまずは育毛剤を試してください。
それでまったく効果がなければ、諦めて薄毛を受け入れるということも必要になってきます。
間違っても植毛には手を出さないこと。
藁にもすがるような思いで植毛に手を出すとお金と健康の両方を失うことになってしまいます。
植毛で頭皮と髪の毛をボロボロにし、莫大な借金だけが残って泣いている人は数多くいます。
もしかしたらこの先、危険性のまったくない植毛の技術が開発されるかもしれませんが、それはまだ少し先のことになりそうです。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5187薬用ポリピュアEXの使い勝手 本体のボトルはプッシュ式のポンプタイプでした。 化粧品などで良くある形です。 本 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし