日本人の薄毛の割合

日本人成人男性の4~5人にひとりが薄毛に悩んでいる

日本人の薄毛の割合は年々増加傾向にあり、成人男性の20~25%が薄毛に悩んでいるそう。
日本人の4~5人にひとり、約1300万人が薄毛に悩んでいるということです。
年代別に見ていくと、20代で約13%、30代で約21%、40代で約33%、50代で約40%、60代で約43%になります。

日本で薄毛が増えているのには食生活の欧米化、それにストレスが原因と考えられています。
AGAはほぼ遺伝で決まりますが、ファーストフードや肉中心の食生活やストレスなどで症状が進みやすくなってしまいます。

なんにしても、薄毛の人はこれだけ多くおり、決して自分ひとりだけの問題ではないのであまり深刻に悩みすぎないことが大切です。
深刻に悩んでいる方は一度チェコなどヨーロッパのほうを旅してみるといいかもしれません。
男性は見渡す限りハゲ、ハゲ、ハゲ、ハゲ……。
薄毛でクヨクヨと悩んでいることがきっとバカらしくなってくるはずです。

人間は年を重ねていくごとに徐々に髪が薄くなっていくのは自然の摂理です。
それがいつ始まるか、どのくらいのスピードで進行していくかという問題でしかありません。

欧米人は薄毛を気にしない?

それでは欧米人は薄毛を気にしないのかと、欧米でも育毛剤は販売されていますので、まったく気にしていないということはないようです。
が、日本人ほどは気にしていません。
その理由としては、欧米人は日本人よりも薄毛の割合が高いということと、欧米人は頭の形がいいのでスキンヘッドがさまになるということが挙げられるでしょう。
欧米にもかつらはありますが、主に医療用やオシャレ用で、薄毛を隠すために用いられることはほとんどありません。
育毛剤も日本ほどは売れていないようです。

ヨーロッパでは薄毛のほうがもてる?

恋愛面においても薄毛の男性が不利になるということはさほどないようです。
それどころか、フランスやスペインなどでは薄毛のほうがセクシーに見えて女性にもてるそう。
また、ドイツでは35歳くらいからは薄毛のほうがかっこいいと思うようになり、自分で髪を剃ってしまう人もいるそうです。

日本以外のアジア諸国は?

日本以外のアジア諸国はどうかというと、こちらは日本と同様、気にしている男性は多いようです。
特に中国。
育毛のためのサプリや医療は日本以上に発達しており、そのおかげか中国での薄毛の割合は日本よりも少なくなっています。
ただし、中国の育毛サプリは副作用も大きいようなので安易に手を出さないほうがいいでしょう。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

chap-up-5チャップアップ(CHAP UP)の使い勝手 東京スカイツリーのような少し弓なりになったボトルは持った感じが良い […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし