パソコンと薄毛の関係

パソコンが薄毛の原因になることも

パソコン
毎日のようにパソコンを長時間使用していると、それも薄毛を進める原因のひとつになってしまうことがあります。
パソコンを使用しているときは同じ姿勢で同じ場所を見つめますので、首、肩、目は長時間固定されます。
それが何日も続くと、目の周辺、首、肩は血行不良になってコリや頭痛の症状を起こし、やがては頭皮の血行まで悪くなってしまいます。
そうすると、毛母細胞に栄養が行き届かなくなって薄毛を進行させてしまいます。

血行不良が慢性化すると、コリや頭痛などの自覚症状がなくなってしまうこともあります。
しかし、頭皮を触ってみて硬ければ血行不良を起こしているということなので、改善していく必要があります。

パソコンを使用するときの注意点

パソコンを使用するときは、以下のことに気をつけるとだいぶ変わってきます。

長時間使用するときはときどき椅子から立ち上がって体を動かす。
パソコンの文字はなるべく大きくする。
視線を同じ場所にずっと固定せず、ときどき遠くを眺める。

パソコンの長時間の使用で目を酷使したあとは次のことを行って疲れをとってください。

頭皮、目、肩、首をマッサージ。
ゆっくりお風呂に使って血行を促進。
なるべく早く寝て疲れを持ち越さないようにする。

眼精疲労が薄毛を進行させることも

パソコンの使用で眼精疲労になると、その疲労をとるためにビタミンB郡やL-システインなどの栄養素が大量に消費されます。
ビタミンB郡は髪に必要な栄養素です。
目の疲労をとることにばかりまわされると、髪に必要な量が行き渡らなくなり、薄毛はまたさらに進行してしまいます。
眼精疲労をとるにはブルーベリーが効果的です。

眼精疲労に効くツボ押しとストレッチ

ツボ押しやストレッチも眼精疲労をとるのに効果的です。

神経を休めるツボ

まゆ尻のところに糸竹空(しちくくう)というツボがあります。
ここを指圧すると神経を休めることができますので、パソコン作業のあとなどにおすすめです。

耳たぶのツボ

耳たぶの中央の少し下にもツボがあり、疲れ目に効果的です。
つまむと少し痛みがあります。

三角筋のストレッチ

手を斜め45度に上げ、後ろにぐーっと引くと、三角筋のストレットになり、疲れ目も解消することができます。
3、4回繰り返すと効果的です。

目のストレッチ

人差し指を自分の前に立ててその爪にピントを合わせ、指を近づけたり遠ざけたりすると目のストレッチになります。
目の疲れをとるだけでなく視力回復にも効果があります。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2648M-1育毛ミストの使い勝手 本体のボトルは真っ白。プッシュ式のポンプタイプです。 化粧品のミストなどでも良くあ […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし