老人性脱毛症とは

老人性脱毛症は老化現象のひとつです

老人
人間は60歳にもなると体のいろんな部分が衰えてきます。
髪も例外ではありません。
老化による薄毛は老人性脱毛症といい、AGAのように額の生え際や頭頂部から薄くなるのではなく、全体的に薄くなっていくのが特徴です。
抜けるのではなく髪の一本一本が細くなることによって見た目が薄くなっていくこともあります。

見た目よりも精神の若さを

老人性脱毛症は老化現象のひとつですので、AGAよりも治療はさらに困難になります。
ですので、いちばん良いのは気にしないことです。
老人性脱毛症で真剣に悩んでいる人もいるようですが、他人からしたら、還暦を過ぎた男の人に髪の毛がふさふさにあっても……というのが正直なところです。
人間は加齢とともに体が衰えていき、死ぬべきときが来たら死ぬ。
それが自然の流れです。
いつまでも若々しくありたいという気持ちはわかりますが、大切なのは見た目よりも精神を若く保つことではないでしょうか。

老人性脱毛症を食い止めるには

しかし、どうしても見た目をいつまでも若くキープしたいという方は、次のような方法で老人性脱毛症をある程度は食い止めることができるかもしれません。

白髪を抜かない

白髪を抜くとその毛穴が痛んでしまい、その毛穴から生えている他の髪にも悪影響を与えてしまいます。
白髪が気になるなら抜くのではなく染めたほうがいいでしょう。

健康的な生活

栄養バランスのとれた食事をとって適度に運動する。
基本的なことですが、これは健康で長生きするためにも必要なことです。

マッサージ

頭皮をマッサージして毛母細胞を刺激することにより、ある程度は改善を期待できるかもしれません。

老人性脱毛症に育毛剤は効く?

もし育毛剤を使用するなら育毛剤選びには慎重にならなくてはなりません。
老人性脱毛症は男性ホルモンの働きによるものではないので、男性ホルモンの働きを抑えるタイプのものはまったく効果がありません。
しかし、毛母細胞を活性化するタイプのものならある程度は効くかもしれません。

絶対に使ってはいけないのはミノキシジルです。
これはもともと血管拡張剤として開発されたものですが、血管を拡張することによって発毛にも効果があることがわかって育毛剤として使用されるようになりました。
しかし、頭痛や不整脈など副作用が大きく、60歳を過ぎて肝臓が弱ってきている人にはそのリスクはさらに大きくなります。
ミノキシジルだけに限らず、老人性脱毛症に対しては育毛剤はあまりおすすめできません。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

chap-up-5チャップアップ(CHAP UP)の使い勝手 東京スカイツリーのような少し弓なりになったボトルは持った感じが良い […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし