薄毛を気にしないという選択肢

薄毛が広範囲まで進行してしまったら

育毛剤による薄毛対策はなるべく早い段階で行ったほうが効果は高くなります。
薄毛の多い家系の場合でも、まだ髪の毛がフサフサのうちから育毛剤の使用を始めればいつまでもフサフサの状態をキープすることも可能です。
薄毛が目立つようになってからでも、まだまだ手遅れではありません。
人によってはフサフサの髪の毛を取り戻すことができます。
しかし、いわゆるツルッパゲという状態まで薄毛が進行してしまった場合、毛根が完全に死んでしまっているので、そこから髪の毛を取り戻すのはかなり難しくなります。
その場合、髪の毛を取り戻すための努力よりも、薄毛を受け入れるという心構えが必要になってきます。

自分の思考が苦しみを生み出している

薄毛は気にする人にとっては地獄の苦しみです。
しかし、その人が地獄の苦しみを味わっているのは、その人が薄毛だからではなく、その人が薄毛を気にしているからです。
薄毛ではなくその人の思考が地獄の苦しみを生み出しているのです。
薄毛それ自体には人に苦しみを与えるような力は少しもありません。

これは薄毛だけに限ったことではありません。
人生の問題の多くは、その人が気にしさえしなければなんでもないようなことばかりなのに、多くの人は深刻に捉え、必死になって解決しようとし、その結果、自分自身の心を苦しめることになっています。

78%の女性が薄毛の男性を受け入れている

女性

男性の多くが薄毛を気にするのは、女性に相手にされなくなってしまうのでは……という恐怖からではないでしょうか。
しかし、ある雑誌のアンケートによると、男性の薄毛は許せないという女性の割合は全体の22%だけという結果でした。
残りの78%の女性は薄毛の男性を受け入れているのです。

薄毛によって22%の女性に嫌われてしまうのは確かです。
しかし、髪の毛の本数で男性を差別するように女性にそもそも好かれる必要があるのでしょうか?
本当に良い女性というのは、男性を髪の毛の本数などの外見ではなく中身で判断します。
ですので、本当に良い女性からもてたいと思うなら、髪の毛の本数を増やすよりもまず先に人間としての中身を磨くべきなのです。
自分はどうせ薄毛だから……とうじうじした態度をとっていると、薄毛の男性を受け入れている78%の女性にも嫌われることになってしまいます。
つまらない女性にもてたいと思うなら、植毛という手段を使ってでも頑張って髪の毛の本数を増やしたほうがいいでしょう。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

chap-up-5チャップアップ(CHAP UP)の使い勝手 東京スカイツリーのような少し弓なりになったボトルは持った感じが良い […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし