モンゴル人に薄毛が少ない理由

彼らの生活習慣に秘密があり

モンゴル人はインディアンと並んで薄毛が少ないと言われています。
この理由としてまず考えられるのは遺伝です。
しかし、モンゴル人と同じモンゴロイドである日本人よりも薄毛の割合がずっと少ないのには、遺伝以外にもなにか秘密があるのではないか……。
日本の育毛シャンプーの開発者たちはそう考え、彼らの生活習慣を徹底的に調べました。
そしてわかったことは、彼らはイラクサの葉と根、ユッカ根、シーバックソーンなどをすりつぶしたもので髪を洗ってということ。
これらにはそれぞれ次のような効果があります。

イラクサの葉と根

イラクサにはアミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、血行促進、抗炎症作用、消臭、白髪の抑制などに効果があります。
まつ毛の育毛剤にも配合されています。

ユッカ根(サボテン)

砂漠に自生するユッカというサボテンの根から抽出したエキスです。
頭皮の皮脂の分泌量を調節して頭皮環境を整えてくれます。

シーバックソーン(サジー)

モンゴル高原とアリゾナ砂漠に自生しており、不飽和脂肪酸、アミノ酸、ビタミン、抗酸化成分などが豊富に含まれ、髪と頭皮に栄養を与えてくれます。

以上、3つの成分を配合したシャンプーは日本でもすでに販売されています。

食生活にも秘密あり

モンゴル人に薄毛が少ないのは、イラクサなどを使った洗髪の他に彼らの食生活にも秘密があるのかもしれません。
彼らは牛、馬、羊の乳から作った乳製品を多く食べますが、乳製品には髪に必要なタンパク質とカルシウムがたっぷりと含まれています。
乳製品を使ったモンゴル料理には次のようなものがあります。

ミルクティー

モンゴル人にとってミルクティーは切り離すことのできない飲み物で、味はなんと塩味。
これにバター、チーズ、羊肉などをお好みで入れて食事中に飲み続けます。
喉を潤すだけでなく、栄養補給の役割も大きく担っています。

モンゴルチーズ

モンゴルのチーズはミルクの味と香りが強く、硬いものから柔らかいものまでいろんな種類があります。
そのまま食べたり、ミルクティーに入れたりして食べます。
砂糖で甘く味付けされ、おやつ感覚で食べられるものもあります。

ヨーグルト

モンゴルのヨーグルトは日本のものよりも香りが強く味も濃厚です。
草原の生活で欠かすことのできない乳製品です。

バター

バターは料理に使用したり、ミルクティーに入れたりします。
濃厚なヨーグルトクリームのような白いバターもあり、デザートや朝ごはんとして食べられます。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

chap-up-5チャップアップ(CHAP UP)の使い勝手 東京スカイツリーのような少し弓なりになったボトルは持った感じが良い […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし