薄毛の民間療法

民間療法で薄毛を治す

ここで紹介する薄毛の民間療法は科学的な根拠ははっきりしていませんが、長い経験に基づいているものなので、それなりの効果は期待できます。
副作用の心配もないので、一度気軽に試してみてもいいかもしれません。

卵の薄皮育毛剤

まずは10~20個分の卵の薄皮を集め、軽く水洗いしてから乾燥させます。
300~500mlの焼酎にその乾燥薄皮を入れ、1週間ほど冷暗所に置いてエキス分を溶け出させます。
その液を直接頭皮の薄くなっている部分に塗ってください。
1日何回塗ってもいいですが、2週間以内に使い切るようにしてください。
卵の薄皮にはほ乳類の胎盤と同じように血液の栄養を補う作用があり、これが血行の頭皮も良くしてくれると見られています。
焼酎のアルコールは毛穴に詰まった皮脂を溶かす働きががあります。

牛乳焼酎

牛乳を原料にして作られた牛乳焼酎というものがあります。
見た目は無色透明ですが、わずかにミルクの香りと味がします。
これを洗髪後に頭皮につけてマッサージしたら、薄毛が治ったという報告があります。

緑茶洗浄

緑茶には脂肪分解作用があり、頭皮の余分な皮脂を除去して育毛剤を浸透しやすくしてくれます。
さらに緑茶に含まれるカテキンにはAGAの原因となる5aリダクターゼの働きを抑制する効果もあり。
まずは緑茶を頭皮にかけて脂分を浮かせてマッサージし、そのあとに通常どおりシャンプーするだけで効果があります。

きな粉ドリンク

牛乳に2~3杯のきな粉を溶かして飲むだけです。
きな粉に含まれるペプチドにはホルモンや自律神経を調節する働きがあり、これによって頭皮の血行も良くなります。
白髪の改善にも効果的です。

紅茶育毛剤

鍋に水400ccを入れて沸騰させてから紅茶のティーバッグ(使用済みでも可)3~4個を入れて煮出します。
泡が出たら騰したらティーバッグを取り出し、冷ましてから冷蔵庫で保管します。
これを洗髪後に頭皮にすり込みます。
紅茶に含まれるアミノ酸に育毛効果があるとされており、さらに紅茶の色素が色素も目立たなくしてくれます。

アロエ育毛剤

アロエを洗ってはさみで適当な大きさに切り、焼酎の瓶に入れて1ヶ月くらい寝かせます。
これを頭皮にすり込むだけです。
アロエにも5aリダクターゼの働きを抑制する効果があります。
ただし、人によってはアロエにアレルギーを感じることがあります。
使ってみてなにか異変を感じたらすぐに使用を中止してください。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2611ブブカの使い勝手 三角形の本体のボトルは真っ白。 ふたを取ると先が細くなったスポイト状で、頭にピンポイントに付 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし