円形脱毛症とは

円形脱毛症は誰にでも起こりえます

円形脱毛症というのは境目のはっきりした円形状の脱毛のこと。
10円玉のような形をしていることから俗に「10円玉ハゲ」とも呼ばれ、大きさを保つのではなく徐々に拡大していくこともあります。
AGAとは違って年齢や性別に関係なくどんな人にも起こりえる脱毛症で、次のように細かく分類することができます。

単発型円形脱毛症

範囲の狭い比較的症状の軽いもので、もっとも多いタイプです。
ひとつのハゲの周辺に3つくらいのハゲがいっしょにできることも多いようです。
ほとんどの場合、自然治癒していきますので、それほど気にする必要はありません。

多発型円形脱毛症

上記の単発型脱毛症を何度も繰り返す症状です。
治ったと思ったらまた別のところにできるということを繰り返します。

全頭脱毛症

円形脱毛症が頭すべてに及んでしまった状態です。
突然、頭のすべての髪が抜け落ちるのではなく、単発型円形脱毛症から多発型円形脱毛症とステップを踏んでこの状態になります。

汎発性脱毛症

頭髪だけでななく、眉毛、まつ毛、胸毛、わき毛、陰毛などの体毛にまで円形脱毛症が及んでしまった状態です。

悪性の円形脱毛症

頭髪から体毛まで全身のすべての毛が抜け落ちてしまった状態です。
生まれたての赤ん坊にも産毛はありますが、悪性の円形脱毛症にはそれすらも残りません。

円形脱毛症を治すにはまずはストレス解消から

円形脱毛症はストレスが引き金となって発症することが多いようですが、その原因についてはさまざまな要因が絡んでいると見られ、はっきりとしたことはわかっていません。
ただし、ストレスが引き金となったもので、症状の軽いものならばそのストレスが解消されれば自然と治っていくことが多いようです。
特に女性にとっては円形脱毛症はショックが大きいものですが、そのストレスが症状をさらに悪化させてしまうこともあります。
まずはリラックスした気持ちでストレスを解消させることを優先させてください。
それでも改善が見られない場合には皮膚科などで治療を受ける必要があります。

全頭脱毛症や汎発性脱毛症の場合、ストレスよりも免疫機能の崩壊が原因と考えられています。
体に害をなす細菌などを攻撃する免疫機能が狂い、自分の味方である毛母細胞を攻撃して毛を抜け落ちさせてしまうのです。
この場合、一時的に症状が良くなっても、免疫機能が再び毛母細胞を攻撃して二度と発毛できない状態にまでしてしまうこともあります。
そうなると完治はかなり困難になります。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5187薬用ポリピュアEXの使い勝手 本体のボトルはプッシュ式のポンプタイプでした。 化粧品などで良くある形です。 本 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし