光の力で育毛する

LEDの光で育毛する

照明
育毛に高い効果を発揮してくれるIGF-Iという成分がありますが、これは唐辛子に含まれるカプサイシンなどの成分で知覚神経を刺激することによって体内で多く生産されます。
青色LEDで皮膚を照射するのも効果的です。
しかし、自宅の照明としては青色LEDはあまり適していません。

そこでおすすめなのは実は青色光なのに青色に見えない照明、白色LED電球です。
白色の光を作るには赤、緑、青の三色の光を混ぜ合わせるか、青色の光に黄色の光を混ぜて白色に見せるかの2つの方法があります。
後者の方法で作られる白色の光は擬似白色と呼ばれ、本質的には青色光なので青色LEDと同じく体内のIGF-Iを増やす効果があります。
これはマウスを使った実験でも明らかになっています。

LED電球には省エネの効果もあります。
もし自宅の照明がふつうの蛍光灯や白色の電球でしたら、省エネと育毛を兼ねて白色LED電球に変えてみてはいかがでしょうか。

青色には気持ちを落ち着かせる効果も

光だけに限らず、青色には気持ちを落ち着かせる効果もあり、身近なところだと青のパジャマやベッドだとよく眠れるという話があります。
また、街灯に青色光を使うとそのエリアの犯罪率が下がり、駅のホームに使用すると電車に飛び込む自殺者の数が減るなどの報告がされています。

青には時間を遅く感じさせ、集中力を高める効果もあるので、オフィスに青いパーテーションなどを使って社員が集中できるように工夫している会社もあります。
青(特に濃い色)のスーツは相手に信頼できる人、知的で冷静な人、誠実な人などの印象を与えることができます。
昔からスーツにはネイビーの色が好んでが使われるのはこのためです。

また、ピカソは親友を亡くして悲観にくれていた時代があり、その頃に彼の描いた絵には青が多く使われていました。
それによって自分の気持ちを落ち着かせていたのかもしれません。

日光と薄毛の関係

それでは日光はどうなのでしょうか。
日光に含まれる紫外線は、浴び続けると毛乳頭細胞や毛母細胞が傷つき、髪に悪影響を与えてしまいます。
しかし、その反面、日光を浴びると、髪の発育に必要なビタミンDが体内で生成されるという効果を得ることができます。

ですので、いちばん良いのは適度に浴びること。
毎日15~20分間体を日光に晒すことでビタミンDの必要量は得られると言います。
それよりも長く浴びてしまいそうなときは、帽子やタオルなどで頭皮を守ったほうがいいでしょう。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2648M-1育毛ミストの使い勝手 本体のボトルは真っ白。プッシュ式のポンプタイプです。 化粧品のミストなどでも良くあ […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし