花粉症と薄毛の関係

花粉症で薄毛が進行することも

花粉
花粉症は植物の花粉によって引き起こされるアレルギーですが、これも薄毛とまったく無関係ではありません。
花粉症は目や鼻にくるだけでなく、皮膚がかゆくなったり、カサカサになったりすることがあります。
その症状が頭皮にまで及んで抜け毛を加速させてしまうことがあるからです。
頭皮がカサカサになると、それまで使っていたシャンプーや育毛剤が合わなくなってしまうこともあります。

花粉症で薄毛が進行するのを防ぐには、とにかく花粉を落として洗い流すことが大切です。
うちに帰ったら玄関先で服を払い、なるべく早くお風呂に入って洗髪してください。
部屋には花粉除去のできる空気清浄機を置いておくとさらに良いでしょう。

花粉症になりやすいのはアレルギー体質の人

同じ量の花粉を浴びても花粉症になる人もいればまったくならない人もいますが、これはアレルギー体質かどうかの違いです。
アレルギー体質の人は、花粉という異物が体内に侵入したときに過剰に反応して花粉症を起こしてしまいます。
そしてこのアレルギー体質の人は花粉以外のものでも薄毛を進行させてしまうことがあります。
円形脱毛症を発症する確率が高いこともわかっています。

アレルギーの原因となる物質は「アレルゲン」と言い、これは花粉以外にもそば、小麦粉、ハウスダスト、金属などさまざまなものがあります。
これらアレルゲンによって頭皮がアレルギー反応を起こすと、毛乳頭が免疫細胞によって攻撃されて炎症を起こします。
この状態が長く続くとヘアサイクルが乱れ、髪が十分に育つ前に脱毛して薄毛が進行してしまいます。

アレルギーによる薄毛の対処法

アレルギーへの対処法は基本的に、

・アレルゲンを遠ざける。
・抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの内服薬を飲む。

この2つですが、アレルギーによる薄毛の場合はメチオニンの摂取がおすすめです。
メチオニンは体内でシステインを作り出す働きがあります。
このシステインには、アレルギーを誘発するヒスタミンを抑制し、髪を太くするコラーゲンの生成を促すという効果があります。
アレルギーによる薄毛に悩んでいる方にとっては嬉しい働きが2つもあるのです。
メチオニンは鶏肉、牛肉、いわじ、あじ、かれい、鮭、さば、大豆、いんげん豆、ほうれん草、白菜、キャベツ、牛乳、チーズなどに含まれています。
アレルギーによる薄毛は、AGAによる薄毛と違い、アレルギー反応さえ抑えることができれば簡単に改善することができます。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

chap-up-5チャップアップ(CHAP UP)の使い勝手 東京スカイツリーのような少し弓なりになったボトルは持った感じが良い […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし