帽子を被ると薄毛になる?

帽子は正しく被れば問題ありません

帽子を被った男

帽子を被ると髪や頭皮に良くないというイメージがありますが、以下のことにさえ気をつければまったく問題はありません。
薄毛に悩んでいる男性も帽子でオシャレを楽しんでみましょう。

頭皮の蒸れ

帽子を被る際にまず気をつけなくてはならないのは頭皮の蒸れです。
長時間被ったままだったり、夏場に蒸れる素材のものを被ったり、室内でも帽子を被ったままだったりすると、帽子の中が蒸れて皮脂も多く分泌され、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
もともと頭皮がベタついている人は特に要注意。
頭皮に汗をかいたらこまめにハンカチで拭き取り、特に蒸れを感じた日はなるべく早くシャンプーをして頭皮を清潔に保つことも大切です。
夏場は紫外線カット素材でできており、通気性も良いアウトドア系の帽子がおすすめです。

締め付けがきつい

締め付けのきつい帽子は避けたほうがいいでしょう。
頭皮の血行を阻害するだけでなく、髪の毛をこすって毛根にダメージを与えてしまいます。

帽子を正しく被ることで得られるメリット

頭皮の蒸れと締め付け、この2点にさえ気をつければ、帽子を被ることで次のようなメリットを得ることができます。

紫外線から守ってくれる

体の中でもっとも紫外線を受けやすいのは頭部です。
紫外線は頭皮環境を悪化させる原因になりますので薄毛の方は特に避けたいところですが、髪の毛が少なければ頭皮にもろに浴びることになってしまいます。
ですので、薄毛の方にとって帽子は紫外線から頭皮を守るためのもっとも有効な手段になります。

寒さによる血行不良を帽子

体の血管は寒さで収縮しますが、それは頭皮の血管も同じ。
頭皮の血管が収縮するとすると、髪の毛に十分な栄養素が行き渡らなくなり、育毛に悪影響を与えます。
冬の乾燥した空気に直接触れると頭皮を乾燥させることにもなってしまいます。
冬の寒い日はウール・ニットなどの保温性・保湿性に優れた帽子でしっかりと防寒・乾燥対策をしましょう。

薄毛を隠すために被るのはNG

このように、正しく被りさえすれば薄毛の方にとって嬉しいメリットをもたらしてくれる帽子ですが、やってはいけないのは薄毛を隠すために帽子を被ること。
その目的で帽子を被ると、屋内でもずっと帽子を被り続けなければならなくなり、まわりからは奇異の目で見られてしまいます。
帽子を被るいちばんの目的はあくまでもオシャレを楽しむため。
薄毛隠しのために被っていると思われないように、屋内ではちゃんと脱ぎましょう。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5139リアップの使い勝手 さっそく自宅で開けてみると、中身はすごくシンプルでした。 箱の中にはボトルと説明書のみ。 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし