育毛のゴールデンタイム

睡眠中に分泌される成長ホルモン

昼寝
人間の体は睡眠中に成長ホルモンという物質を分泌します。
これはその名のとおり、成長を促進するためのホルモンで、髪を含めた全身の成長と促進を促してくれます。
分泌は睡眠開始から30分ほどしてから始まり、睡眠から1時間後が分泌量のピークになります。
この睡眠から30分後から1時間後までの間は、育毛のゴールデンタイムともいうべきとても大切な時間になります。
しかし、このときに髪を作るための材料がそろっていなければ、せっかくの育毛のゴールデンタイムを無駄にしてしまうことになります。

育毛のゴールデンタイムの効果をより高くするには次のことがポイントになります。

睡眠の3時間前までに食事

髪を作る材料となる栄養素はタンパク質ですが、これは消化に時間がかかります。
夕食は睡眠の3時間前までに済ませておくのが理想的です。
また、胃にまだ消化の終わっていない食べ物が残ったまま睡眠に入ると、胃と肝臓が休めなくなってしまい、髪の成長もおろそかになってしまいます。

タンパク質・亜鉛・ビタミンをしっかり摂る

食事は栄養のバランスが大切ですが、育毛のために大切なのはタンパク質、亜鉛、ビタミンの3つ。
これらは特に不足のないように摂りましょう。
絶対にNGなのは夕食をとらずに寝てしまうこと。
どうしても食事をとれないときは、サプリなどで髪に必要なタンパク質、亜鉛、ビタミンだけでも補給してから寝てください。

規則的な睡眠

睡眠時間が十分でなかったり、不規則だったりすると、成長ホルモンの分泌は減ってしまいます。

育毛のためには昼寝も効果的

夜にしっかりと睡眠をとるのはもちろんのことですが、できれば昼寝もとったほうが成長ホルモンはさらに分泌されやすくなります。
人間の体は1日に2度寝るようにプログラムされているからです。
昼寝は夜の睡眠の2倍の効果がありますので、30分昼寝をしただけでも夜に1時間寝たのと同じ効果を得られます。

昼寝には他にも次のようなメリットがあります。

作業効率のアップ

ハーバード大学医学部は、ほんの数分の昼寝をするだけでもその後の記憶力と学習能力が大幅にアップすると報告しています。
グーグルやアップルなどの大手企業は社員に15~20分の昼寝を推奨しています。

重病の予防

イギリスの研究によると、昼寝は血圧を下げ、心臓病や糖尿病の防止に効果があるそうです。
また、ギリシャの研究では、30分の昼寝を週に3回以上とった人は心臓病での死亡リスクが37%低下すると報告されています。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

chap-up-5チャップアップ(CHAP UP)の使い勝手 東京スカイツリーのような少し弓なりになったボトルは持った感じが良い […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし