フケと薄毛の関係

フケは角質細胞が剥がれ落ちたものです

フケは誰にでも生理的に発生するものですが、この正体は新陳代謝で頭皮の角質細胞がはがれ落ちたものです。
新しい細胞が生まれてそれがはがれ落ちるまでの期間は通常1ヶ月~1ヵ月半。
しかし、中にはこの期間が2週間という人もおり、フケの発生する量も通常より多くなります。
このような場合、かゆみを伴うだけでなく、毛穴に詰まって髪の成長を阻害して薄毛を促進させてしまうことがあります。

フケには次の2種類があり、それぞれで対処法も異なってきます。

湿ったフケ

脂っぽいフケが出やすい方は頭皮がべたつきやすく、髪もべたっとしています。
対策法としては毎晩シャンプーをして頭皮を清潔に保つことが大切。
食生活ではなるべく脂っぽいものは控えてください。

サラサラしたフケ

サラサラしたフケは頭皮の乾燥、皮脂の不足、角質の新陳代謝の乱れなどが原因で、湿ったフケとは逆にシャンプーで洗いすぎることによって起こります。
ですので、シャンプーを洗浄力の弱いものに変えたり、シャンプーを使わずに洗髪したり、シャンプーの回数を減らしたりすることで、比較的簡単に改善することができます。

皮膚の病気の場合もあります

洗髪方法を見直すなどの対策をしてもまったく改善が見られない場合、脂漏性皮膚炎という皮膚の病気の可能性もあります。
これは皮膚の常在菌であるマラセチアというカビが増えすぎ、これが皮脂の成分を分解してできた物質が皮膚を刺激することによって起こります。
この脂漏性皮膚炎には次のような特徴があります。

フケがあぶらっぽい。
毎日洗髪しているのに大量のフケが出る。
頭皮が赤くなっているが、あまりかゆさはない。
眉毛、鼻の周辺、耳の後ろ、わきの下、胸などにも赤みが出る。

脂漏性皮膚炎の対策

この脂漏性皮膚炎で頭皮の炎症がひどくなると、髪を軽くつまんだだけで2~3本スルリと抜けてしまうことがありますので、決して放っておくことはできません。
まずは皮膚科を受診するのがおすすめですが、日常生活でも次のケアを行ってください。

シャンプーは力を入れずに優しく

シャンプーでごしごし強く洗って皮脂を落としすぎてしまうと、皮脂分泌が過剰になってフケはさらに多くなってしまいます。
指の腹を使って優しく洗ってください。
シャンプーは抗カビ効果のあるものがおすすめ。
洗髪後はドライヤーで髪と頭皮をしっかり乾かし、頭皮用の保湿ローションで頭皮に潤いを与えてください。

ビタミンB2とB6をしっかり摂る

ビタミンB2とB6は脂質の代謝をサポートしてフケの発生を抑えてくれます。
B2はレバー、アーモンド、干ししいたけ、B6はニンニク、まぐろ、かつおなどに多く含まれています。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2648M-1育毛ミストの使い勝手 本体のボトルは真っ白。プッシュ式のポンプタイプです。 化粧品のミストなどでも良くあ […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし