女性にも起こる薄毛・抜け毛

女性の薄毛・抜け毛の原因

女性
一般的に女性は男性よりも抜け毛や薄毛が少ないと言われています。
これは女性ホルモンのエストロゲンが頭皮の毛細血管を拡張し、ヘアサイクルの寿命を延ばしてくれるから。
しかし、そんな女性でも髪が抜けてしまうことはあります。

びまん性脱毛症

特に多いのはびまん性脱毛症です。
髪が細くなったり、分け目のボリュームが減ったりして頭髪全体が薄くなります。
この原因には加齢によるホルモンバランスの乱れ、不規則な生活、ストレスなどが関与していると見られています。

FAGA(Female AGA)

FAGAは女性の体にも微量にある男性ホルモンが関係しています。
女性男性型脱毛とも呼ばれ、男性と同じようにM字型の額になってしまうことも。
閉経後にホルモンバランスが変化することで起こります。
しかし人によっては閉経前の30代からFAGAの症状が現れる場合もあり、側頭部まで薄くなるという症例も報告されています。

牽引性脱毛症

ポニーテールやアップスタイルなどで髪を引っ張ることで発症します。
一度で抜けるような強い力でなく、わずかな力でも長時間にわたって引っ張り続けると、髪は次第に弱っていき、抜け落ちていきます。
前髪を上げてまとめる髪型には特に注意が必要です。

分娩後脱毛症

出産後に急激に髪が抜け落ちる症状のことで、出産をすると必ず経験します。
この原因のひとつは、栄養がお腹の胎児にまわされて妊婦が栄養不足になってしまうこと。
そしてもうひとつは、出産前後は女性ホルモンのエストロゲンが増加し、ホルモンバランスが乱れてしまうことです。
しかし、この分娩後脱毛症は数ヶ月で回復しますのでまったく心配することはありません。

抜け毛予防のためにできること

分娩後脱毛症は自然に回復していきますし、牽引性脱毛症も髪型にさえ気をつければそれほど心配はありません。
しかし、びまん性脱毛症とFAGAには次のような対策が必要になります。

寝る前のテレビやパソコンを止める

寝る直前までテレビやパソコンを見ていると睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が妨げられ、睡眠の質が悪くなり、髪も十分に育たなくなってしまいます。

タンパク質、亜鉛、ビタミン郡をしっかり摂る

健康な髪を育てるのに必要な栄養素はタンパク質、亜鉛、ビタミンB郡です。
亜鉛はサプリメントで摂るのが効率的です。

無理なダイエットは止める

女性の場合、ダイエットの食事制限でホルモンバランスが乱れて毛が抜けてしまうことがあります。
過度の食事制限は禁物です。

ストレスを溜めない

ストレスをあまり溜め込まないように上手に発散させてください。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2611ブブカの使い勝手 三角形の本体のボトルは真っ白。 ふたを取ると先が細くなったスポイト状で、頭にピンポイントに付 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし