生卵を食べすぎると薄毛の原因に

アビジンがビオチンの吸収を妨げる

卵かけご飯
生卵をご飯にかけて醤油をちょっと垂らして食べるのは実に美味しいものですが、生卵を食べると薄毛を招くなんていう話もあります。

卵黄にはビタミンの一種であるビオチンが豊富に含まれています。
このビオチンには糖代謝を促し、毛根や毛髪の成長を助けてくれる働きがあります。
それにも関わらず、生卵が薄毛を招くといわれるのは、卵白に含まれるアビジンという物質のせい。
これが腸内でビオチンと結合して水に溶けなくし、腸管に吸収させずにそのまま排泄させてしまいます。
ビオチンは卵黄の他、牛乳、大豆、牛レバーなどにも含まれており、腸内細菌もビオチンを作りますが、アビジンはそれらもすべて根こそぎもっていってしまいます。
実験でハツカネズミに毎日大量の卵白を食べさせると、皮膚炎や脱毛が起こったそうです。

火を通せば大丈夫

これを防ぐには卵白が不透明になるまで加熱をすれば大丈夫です。
アビジンは加熱されるとたんぱくの変性が起こってビオチンと結合しなくなります。
ただし、生卵で薄毛になる可能性があるのは、1日に何個もずっと食べ続けた場合です。
1日1個くらいの生卵ですぐに薄毛になるなんてことはありませんので、そこまで神経質になることはないでしょう。

薄毛になる心配がない卵かけご飯

卵かけご飯が好きだけど、どうしても薄毛になるのが心配という方は次に紹介するメニューを試してみてください。
これらならばアビジンでビオチンの吸収が阻害されることはありません。

卵黄の醤油漬け

卵黄を醤油に24時間漬けるだけです。
ねっとりとした食感で、ご飯のお供だけでなく酒のつまみにもなります。

卵黄の洋風卵かけ

茶碗に盛ったご飯の真ん中をくぼませ、そこに卵黄を落とします。
そのまわりにケチャップをかけ塩コショウをします。
とろけるチーズを乗せ、その上からさらにケチャップをかけてレンジでチンします。
卵黄は半熟くらいのところで止めるのがポイントです。

卵黄のごま油漬け

鶏がらスープ、醤油、ごま油を混ぜたものに卵黄を入れ、冷蔵庫で1~2日寝かせます。
この卵黄をご飯に乗せ、味海苔か韓国海苔を散らします。

ゆで卵がベスト

卵を加熱するならば、栄養的にもっとも良いのはゆで卵です。
ゆで卵なら卵白も加熱されているのでアビジンがビオチンの吸収を阻害することがなく、油も使わないのでカロリーも抑えることができます。
温泉卵のように卵白がトロッとした状態ではなく、しっかりと加熱するのがポイントです。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5187薬用ポリピュアEXの使い勝手 本体のボトルはプッシュ式のポンプタイプでした。 化粧品などで良くある形です。 本 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし