唾液に育毛効果あり

コロンビアの理容牛とは

牛
コロンビアには薄毛の人にとってとてもありがたい存在の「理容牛」という牛がいます。
薄毛の人の頭に好物の餌を塗りつけ、それを理容牛に約5ヶ月間舐めてもらうことによって育毛効果が現れるというのです。
まるで冗談のような話ですが、理容牛は今も現役で活躍しているそうです。

唾液が育毛に効果的な理由

理容牛の秘密は唾液に含まれるIGF-Iにあります。
このIGF-Iというのは体内で生成される物質。
通常は外部から摂りいれることはできず、知覚神経を刺激することによってその生成量を増やしてやらなくてはなりません。
しかし、唾液にはIGF-Iそのものが含まれています。
IGF-Iには毛根を活性化する働きがあり、頭皮に直接塗っても効果を発揮してくれるのです。

人間の唾液にも同じ効果あり

また、唾液には「シアル酸(N-アセチルノイラミン酸)という物質も含まれています。
この物質は唾液の中にある間は唾液のねばり成分であるムコ多糖体に結合していますが、胃の中に入ると、胃酸の作用によって「遊離シアル酸」という物質に変化します。
これが胃の知覚神経を刺激して、IGF-Iをさらに増やしてくれます。

IGF-Iとシアル酸は牛だけでなく人間の唾液にも含まれています。
ですので、わざわざコロンビアまで行って理容牛に頭を舐めてもらわなくても、自分自身の唾液の分泌量を増やしてやれば育毛効果を得ることはできます。

唾液の分泌量と髪の量には密接な関係があります。
唾液の分泌が低下するシェーグレン症候群の人たちには薄毛が多いことも報告されています。

唾液の分泌量を増やすには

育毛効果を得るために唾液の分泌量を増やす手軽な方法を紹介します。
唾液を増やすと育毛効果を得られるだけでなく、虫歯予防にも効果があります。

よく噛んで食べる

食べ物はよく噛んで食べたほうが唾液の分泌量は増加します。

酸っぱいものを食べる

酸っぱいものも唾液を増やすのに効果的です。
レモンや梅干しなどはただ見ているだけでも口の中に唾が溜まってきますね。

ガムを噛む

ガムを噛んでいるときは噛んでいないときに比べ、味のあるガムで20倍、味のないガムで8倍増加すると言われています。

昆布を食べる

昆布に含まれるアルギン酸には唾液の分泌量を増やす作用があります。

1日1.5~2リットルの水を少しずつ飲む

口の中を常に潤わせておくことで唾液の分泌量も増えるといわれています。

舌の体操をする

舌を思い切り口の外に出してゆっくりと上下左右に動かします。
舌にふだんあまり行わない動きをさせることで唾液の分泌量は増えます。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2648M-1育毛ミストの使い勝手 本体のボトルは真っ白。プッシュ式のポンプタイプです。 化粧品のミストなどでも良くあ […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし