アメリカンコーヒーで育毛する

クロロゲン酸がIGF-Iを増やす

コーヒー
毎日コーヒーを飲む習慣がある人は高齢になってから認知機能が低下しにくいと言われていますが、これはコーヒーに含まれるポリフェノールであるクロロゲン酸という物質のおかげ。
この物質が体内でIGF-Iを増やしてくれているのです。
IGF-Iにはさまざまな健康効果があり、育毛にも効果を発揮してくれます。

クロロゲン酸は熱に弱いので、コーヒー豆を深く焙煎すると壊れてしまいます。
ですので、育毛のために飲むなら朝煎りのアメリカンタイプのコーヒーがおすすめです。

一日3杯のコーヒーで健康効果を

コーヒーで育毛効果を得るには1日3杯くらいがベストです。
それだけ飲めば次のような健康効果も得ることができます。

がん予防

クロロゲン酸はがんの発生や増殖を抑えるとされており、コーヒーを1日1杯以上飲む人は肝臓がんで死亡するリスクがまったく飲まない人の半分に、1日3杯以上飲む人は胃がん発生率半分になるという結果が出ています。
肝機能が良好に
コーヒーを1日3~4杯飲む人のほうがまったく飲まない人よりも肝機能が良好という研究結果が出ています。

美肌効果

コーヒーにはポリフェノールが豊富に含まれているので抗酸化作用が強く、肌に張りをもたせ、いつまでも若々しく保つことができます。

脂肪燃焼効果

カフェインには脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化させる働きがあるので、運動の前後に飲むと脂肪が燃焼しやすくなります。

飲みすぎると逆効果です

ただし、過ぎたるは及ばざるが如しです。
一日数杯程度のコーヒーならば育毛に効果を発揮してくれますが、あまりに何杯も飲みすぎると逆に薄毛につながってしまう可能性があります。

カフェインが眠りを妨げる

カフェインは適量であれば頭皮の血行が良くなり、育毛に繋がります。
しかし、就寝前にコーヒーを飲むと覚せい作用によって良質な睡眠がとれなくなり、髪の成長が妨げられてしまいます。
カフェインの影響を受けやすい人は夜にコーヒーを飲むのは控えてください。

亜鉛の吸収が阻害される

亜鉛は髪の成長に欠かすことのできない栄養素ですが、コーヒーに含まれるタンニンという成分はその亜鉛の吸収を邪魔する働きをもっています。
亜鉛不足が気になる方は、食後の飲み物はコーヒー以外にしたほうがいいかもしれません。

体が冷やされる

ホットコーヒーを飲むと体が温まるように感じられますが、実際のところ、利尿作用などによって体は冷えています。
体が冷えると髪に悪い影響を与えてしまいます。
冷え性の方はちょっと注意が必要です。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5187薬用ポリピュアEXの使い勝手 本体のボトルはプッシュ式のポンプタイプでした。 化粧品などで良くある形です。 本 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし