アロエの育毛効果

タンニン酸とアロインが育毛に効果を発揮

アロエ
アロエは「医者いらず」などと呼ばれ、昔からちょっとした傷の手当に使われてきましたが、実は育毛に対しても効果的。
アロエに多く含まれるタンニン酸に毛根の神経を修復する働きがあるからです。
薄毛の人は毛根の神経が痛んでいることが多いので、それを修復してやることにやって毛母細胞も活性化されます。
タンニン酸は分子の構造がとても小さいので、浸透力がとても高いという特徴もあります。
アロエには300種類以上の種類がありますが、アメリカンアロエという種類がもっとも多くタンニン酸が含まれています。

また、アロエにはアロインという成分も含まれており、これにはAGAの原因となる5aリダクターゼの働きを阻害する効果があります。
みかんの皮に含まれるリモネンにもこのような効果はありますが、アロインのほうが阻害率はより高いと言われています。
アロエはタンニン酸とアロインの2つの成分の効果で育毛に効果を発揮してくれるというわけです。

アロエ育毛剤を手作り

アロエを使った育毛剤は自分で手作りすることができます。
アロエ酒とペースト状のものの2種類がありますので、それぞれの作り方を紹介します。

アロエ酒の作り方

 乾燥アロエ40gと焼酎1.8リットルを用意します。乾燥アロエはドラッグストアなどで手に入ります。焼酎はあまりアルコール度数の高いものだと頭皮が荒れる可能性があるので、20度くらいのものがおすすめです。

 乾燥アロエと焼酎を瓶に入れて1ヶ月くらい寝かせます。

 液体が茶褐色になったらアロエを取り出してろ過します。これをスプレーに入れれば完成です。冷蔵庫に保管して3ヶ月くらいで使い切ってください。

これを1日2~3回頭皮にスプレーします。
このときに頭皮を強くこすると荒れてしまうので、化粧水をつけるといのように優しくパッティングしてください。

アロエペーストの作り方

 生のアロエを用意します。アロエベラとキダチアロエという種類が手に入りやすいですが、アロインの含有量はキダチアロエのほうが1.5倍ほど多いので、できればキダチアロエを用意してください。

 アロエを細かく刻みます。

 30分ほど煮込んでからさらしなどでろ過し、ペースト状にします。

 粗熱をとってから冷蔵保存し、2週間以内に使い切ってください。

これを朝晩1回ずつ頭皮に塗ってマッサージをします。
人によってはアレルギー反応が起こることがあるので、まずはじめに必ずパッチテストを行ってください。
肌の柔らかい部分につけてみて、その部分が24時間以内に赤くなったり、かゆくなったりしなければ問題ありません。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2611ブブカの使い勝手 三角形の本体のボトルは真っ白。 ふたを取ると先が細くなったスポイト状で、頭にピンポイントに付 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし