動物の薄毛事情

犬や猫も薄毛になります

猿の群れ
薄毛になるのは人間だけではありません。
動物だって毛が抜け落ちてしまうことはあります。
ただし、人間の男性のAGAのように男性ホルモンが原因のひとつになることもあります。





犬や猫

ペットの犬や猫も薄毛になることがあります。
その原因のひとつはストレス。
飼い主が変わったり、引っ越しで新しい場所に移ったりなどの環境の変化でペットもストレスを感じることがあります。
自分で毛を噛んでむしってしまうこともあります。
もうひとつの原因は皮膚病です。
毛の抜けたところが赤くなっていたり、ペットが体を頻繁に掻いたりしていたら皮膚病の疑いがありますので、動物病院で診てもらいましょう。

もっとも人間に近い動物の猿も薄毛になります。
いちばん薄毛になりやすいのはベニガオザルという種類で、なんと人間のAGAと同じく男性ホルモンが原因となり、前頭部から抜け落ちていきます。
人間の場合、エネルギッシュな人のほうが男性ホルモンは多い傾向にあるので、猿の場合ももっともエネルギッシュなボス猿がいちばん薄毛になりやすいかもしれません。

ハゲタカ

薄毛の動物としてもっとも有名なのはハゲタカではないでしょうか。
ハゲタカの頭は無羽毛頭部というもので、厳密には薄毛というわけではありませんが。
彼らは動物の死体などに頭を突っ込んでその肉を食べます。
そのときに頭部に毛があると血液や体液などが付着してとても不衛生になってしまいます。
彼らの頭に毛がないのはこれを防ぐためなのです。
さらに、紫外線による殺菌で頭部を常に清潔に保つことができます。

番外としてハゲの魚も紹介しておきます。
魚にはもともと毛がありませんが、カワハギは瀬戸内海地方ではハゲと呼ばれています。
皮をはいで丸裸にするところからこのように呼ばれるようになったのでしょう。
ウマヅラハギは「ナガハゲ」、丸いカワハギは「マルハゲ」と呼ぶこともあるそうです。

しかし、いちばん薄毛になりやすいのは人間

動物も薄毛になるとはいえ、やっぱりいちばん薄毛になりやすいのは人間です。
猿は人間と同じように男性ホルモンで薄毛になるとはいえ、人間ほど薄毛が進行することはかなり珍しいようです。
なぜ人間はこんなにも薄毛にならなくてはならないのか?
薄毛であることになにか生物学的なメリットはあるのか?
これはたくさんの学者の間でさまざまな説が唱えられていますが、いまだにはっきりとしたことはわかっていません。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
どうして薄毛になるの?の関連記事一覧
薄毛隠しの粉
生卵を食べすぎると薄毛の原因に
モンゴル人に薄毛が少ない理由
動物の薄毛事情
テレビで紹介された髪様シャンプーとは
薄毛の人のファッション
アロエの育毛効果
唾液に育毛効果あり
薄毛の対応は人それぞれ
みかんの皮が育毛に効く

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5187薬用ポリピュアEXの使い勝手 本体のボトルはプッシュ式のポンプタイプでした。 化粧品などで良くある形です。 本 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし