医薬品と医薬部外品と化粧品

育毛剤は大きく3つに分類されます

育毛剤は大きく医薬品、医薬部外品、化粧品の3つに分類されます。
それぞれ次のように定義されています。

医薬品

フケやかゆみの抑制、育毛、抜け毛の予防、さらに円形脱毛症、脂漏性皮膚炎、びまん性脱毛症…などに対して
一定の効果があることが国によって認めれている成分が含まれています。
用法や用量を間違えると副作用のリスクもあるので、病院や薬局などで処方してもらわなくてはなりません。
また、医薬品はその効果・効能について記載することができますが、医薬部外品と化粧品はそれが許されていません。

医薬部外品

医薬品に準ずるもので、効果は穏やかですが、その分、副作用のリスクも少なくなっています。
育毛よりも抜け毛・薄毛の予防に重点が置かれています。
ドラッグストアなどで購入できます。

化粧品

フケやかゆみを抑制し、髪の毛を美しくすることがメインの目的。
副作用のリスクは上の2つより少なくなっています。
また、医薬品と医薬部外品はそのことについてパッケージに記載しなくてはなりませんが、
化粧品にはその表示の義務がありません。
ですので、化粧品はパッケージを見ただけではその分類がわかりにくくなっています。

いちばん効果あるのはどれ?

こうして見てみると、医薬品がもっとも効果があるように思えますよね。
でも、実際のところは必ずしもそうだとは言い切れません。

医薬品は承認されるまでにテストを何度も繰り返して行わなければならず、
商品化されるまでに10年近くの歳月がかかってしまいます。
そのため、非常に効果の高い育毛剤を開発しながらもあえて医薬部外品として販売しているメーカーも多いのです。
せっかく効果の高い育毛剤を開発したのに商品化されるまで
10年も待ちたくない…と思うのは開発者としては当然の気持ちですよね。

分類よりも自分に合ったものを

ですので、育毛剤を選ぶ際はこの分類はあくまでもひとつの参考程度にしておいたほうがいいでしょう。
それよりもずっと大切なことは、自分の薄毛の原因に合ったものを選ぶということです。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
育毛剤について調べましたの関連記事一覧
発毛クリックは医療行為が受けられます
AGA治療は一生涯
AGA治療で起こる初期脱毛
個人輸入で海外の育毛剤を入手
AGAのジェネリック医薬品
プラシーボ効果と育毛剤
フィナステリドの効果と副作用
ミノキシジルの効果と副作用
正しいシャンプー方法で抜け毛を防ぐ
薄毛の遺伝子はなぜ自然淘汰されないのか?

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2611ブブカの使い勝手 三角形の本体のボトルは真っ白。 ふたを取ると先が細くなったスポイト状で、頭にピンポイントに付 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし