AGA治療で起こる初期脱毛

健康な髪が生える前に不健康な髪が抜けます

育毛剤などでAGA治療を行った際、1~2ヶ月ほど抜け毛が増えることがあります。
この現象を初期脱毛といいます。
新しい髪を生やすための工程において発生するもので、不健康な髪が多いほど抜け毛が多くなる傾向があります。
特に髪を洗ったときなどはふだんの2~5倍くらいの抜け毛があり、育毛剤のせいでAGAが悪化してしまったと思って、そこで治療を止めてしまう人もいます。

弱い毛母細胞からは弱い髪しか生えてきません。
育毛剤を使用して弱っている毛母細胞を活性化させると、毛母細胞は新しい健康な髪を生やすために、まずはそれまでの弱い髪を抜けさせます。
言い換えるなら、健康な髪によって不健康な髪が押し上げられているわけです。
ですので、一時的に抜け毛が増えても、そこで悲観して育毛剤の使用を止めることはありません。

初期脱毛の期間

初期脱毛の期間は一般的には1ヶ月~1ヵ月半。
しかし、頭皮環境が不潔な状態で皮脂が溜まっていると、毛根再生が始まりにくく、初期脱毛が2~3ヶ月続くこともあります。

初期脱毛の終了

初期脱毛はある日突然ピタリと止まり、洗髪をしたときの抜け毛もほとんどなくなります。
その後は、髪が抜けた部分から徐々に新しい健康な髪が生え始めてきます。
新しく生えてくる髪が毛先が細く尖っているのが特徴です。
また、髪が極度に弱っている場合、健康な髪が生えてくるまでに数回の生え変わりが必要となることもあります。

初期脱毛が発生するもの

このような初期脱毛は「ロニテン」は「ノキシジル」などの内服ミノキシジルでもっとも多く報告されています。
他には、天然成分の育毛剤やサプリメント、5aリダクターゼを抑制する効果をもつフィナステリドやデュタステリドなどの育毛剤でも報告されています。
ミノキシジルとフィナステリドを併用した場合にもっとも多くなるようです。

ふつうの抜け毛と初期脱毛の見分け方

AGA治療を始めてから抜け毛が増えたが、それがただの抜け毛なのか、それとも初期脱毛なのかわからなくて心配という方もいるでしょう。
この2つにはすぐにはっきりとわかるような見分け方はありません。
しかし、初期脱毛の場合は長くても2ヶ月もすれば収まってきて、その後はは新しい髪が生え始めてきます。
もし、頭皮環境も清潔にしているにも関わらず、2ヶ月以上しても抜け毛が収まらない場合、AGA治療がまったく効いていないと考えられますので、治療法を変えてみたほうがいいでしょう。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
育毛剤について調べましたの関連記事一覧
発毛クリックは医療行為が受けられます
AGA治療は一生涯
AGA治療で起こる初期脱毛
個人輸入で海外の育毛剤を入手
AGAのジェネリック医薬品
プラシーボ効果と育毛剤
フィナステリドの効果と副作用
ミノキシジルの効果と副作用
正しいシャンプー方法で抜け毛を防ぐ
薄毛の遺伝子はなぜ自然淘汰されないのか?

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_2611ブブカの使い勝手 三角形の本体のボトルは真っ白。 ふたを取ると先が細くなったスポイト状で、頭にピンポイントに付 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし