薄毛の遺伝子はなぜ自然淘汰されないのか?

薄毛の多くは遺伝子の仕業です

遺伝子

人が薄毛になるのは遺伝子の要素が大きく占めています。
遺伝子が毛根に対して髪を生やすことを止めるよう働きかけているわけです。
不思議ではありませんか?
そんな嫌な遺伝子がどうして自然淘汰されずに今も受け継がれているのでしょうか?
そのせいで数多くの男性が深刻に悩んでいるというのに。
この謎に対して「New Scientist」という雑誌が記事を書きました。
その内容は以下のようなものです。

「New Scientist」に掲載された記事

人の頭髪は太陽の日差しから頭を守ったり、寒いときに体温を維持したり、異性をおびき寄せたりといった大切な役割があります。
であれば、薄毛の男性は非常に不利な状況にあり、自然淘汰されてもおかしくないのですが、なぜそうならないのでしょうか。

昔はこの疑問に対し、「薄毛の要素は母親の遺伝子に受け継がれるから」と言われてきました。
母親は薄毛の遺伝子をもっていてもそれが発症することはなく、悪影響を受けることがないので自然淘汰はされないというわけです。
しかし、この考え方は理論的に考えれば否定できます。
その母親が生んだ男の子が後に子供を作る可能性が低いのであれば自然淘汰されるはずですから。

最近はまたさまざまな新しい仮説が立てられています。
その多くは「薄毛のほうが進化において有利になる」という方向性のもの。
薄毛は権力や地位を表す、薄毛のほうが知的に見える……などです。
髪がないことで太陽光線が頭骨に深く浸透し、前立腺がんにかかる確率が低くなるというユニークな説もあります。
しかし、この説は科学的には証明されていません。

結局のところ、はっきりとした答えはわからない

以上が「New Scientist」に書かれた内容の要約です。
要するに、人はなぜ薄毛にならなくてはならないのかという疑問に対してはっきりとした答えを出せる人はまだいないというわけです。

しかし、こういった疑問はなにも薄毛だけに限ったわけではありません。
たとえば、がんも遺伝による部分が大きくありますが、いったいなぜそんなものを遺伝しなくてはならないのかということについてもはっきりとした答えを出せる人はいません。
ただひとつはっきり言えることは、人は必ずしも自分にとって都合のいい体で生まれてくるわけではない、なにひとつ欠点のない完璧な肉体で生まれてくる人なんてほとんどいないということ。
もしかしたらそこに人が生きる深い意味があるのかもしれません。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
育毛剤について調べましたの関連記事一覧
発毛クリックは医療行為が受けられます
AGA治療は一生涯
AGA治療で起こる初期脱毛
個人輸入で海外の育毛剤を入手
AGAのジェネリック医薬品
プラシーボ効果と育毛剤
フィナステリドの効果と副作用
ミノキシジルの効果と副作用
正しいシャンプー方法で抜け毛を防ぐ
薄毛の遺伝子はなぜ自然淘汰されないのか?

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5139リアップの使い勝手 さっそく自宅で開けてみると、中身はすごくシンプルでした。 箱の中にはボトルと説明書のみ。 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし