個人輸入で海外の育毛剤を入手

個人輸入なら日本で手に入らないものも入手可能

フィナステリドやミノキシジルなどの医薬品扱いの育毛剤は薬事法に基づいて医師から処方してもらうことが前提となります。
しかし、個人輸入に関してはこの限りではなく、個人権限で入手することができます。
最近AGA治療においてこの個人輸入が注目され始めています。

AGAの治療に保険は適用されないので自費診療になります。
AGAは病気ではなく、生命や健康を害するものではないからです。
そのため、医院やクリニックでの治療は非常に高額になり、日本製の医薬品の育毛剤も値段が高騰しています。
また、海外ではすでに長く販売されていて高い効果を認められている医薬品やサプリメントも、日本では認可に時間がかかるため、入手できないものも多くあります。
これらのポイントをクリアできるのが個人輸入です。
医薬品の育毛剤を安く、そして日本国内では手に入らない育毛剤も入手することができます。

個人輸入の規定

医薬品の個人輸入が行われるケースはAGA関連に限ったことではありません。
海外で高い効果が認められているさまざまな病気の治療薬も日本では薬品認定に時間がかかってしまうのでなかなか使用することができません。
そのため、一刻の猶予も許されないような患者の場合、医師と家族が相談して海外の医薬品を個人輸入するというケースは過去から多数あります。

ただし、薬品に関することなので、厚生労働省によって個人輸入の規定も定められています。
おおまかには次の2つです。

 医師が患者に投与する薬品などは厚生労働省が取り締まっていることになっているので、日本未認可の薬品を使う場合は厚生労働省への申請が必要。

 個人が自分で使用するものについては、重篤な病気に対するものでなければ申請は必要ない。

ですので、医薬品の育毛剤を個人輸入して自分で使用する場合には厚生労働省への申請は必要ないということです。

個人輸入の注意点

個人輸入は日本の輸入代行業者を利用して行うことも可能です。
そのときに注意すべきことは次の2点です。

輸入代行業者からの商品発送は違法

輸入した医薬品を他の人へ売ったり、譲ったりすることは認められていません。
ですので、日本の輸入代行業者を利用した場合も商品は必ず海外から直接送られてこなければなりません。
輸入代行業者から商品を発送するのは違法になります。

副作用などについては自己責任

個人輸入の薬事法では、薬品の用法を確認したうえで自己責任で購入し、自衛策を講じなければならない、としています。
ですので、個人輸入をするときはその商品についての副作用からその対処法まで自分でしっかりと調べておく必要があります。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
育毛剤について調べましたの関連記事一覧
発毛クリックは医療行為が受けられます
AGA治療は一生涯
AGA治療で起こる初期脱毛
個人輸入で海外の育毛剤を入手
AGAのジェネリック医薬品
プラシーボ効果と育毛剤
フィナステリドの効果と副作用
ミノキシジルの効果と副作用
正しいシャンプー方法で抜け毛を防ぐ
薄毛の遺伝子はなぜ自然淘汰されないのか?

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

chap-up-5チャップアップ(CHAP UP)の使い勝手 東京スカイツリーのような少し弓なりになったボトルは持った感じが良い […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし