フィナステリドの効果と副作用

薄毛の進行を食い止めるフィナステリド

フィナステリドはミノキシジルと並んでよく知られているAGAの治療薬で、プロペシア、フィンペシアといった商品名で飲み薬として販売されています。
脱毛の原因となる5aリダクターゼという男性ホルモンの働きを制御することで薄毛の進行を食い止めることができます。
発毛の効果はあまり高くないので、すでにかなり進行してしまっている薄毛に対してはミノキシジルとの併用が効果的です。

効く人・効かない人がいる

フィナステリドは体質や遺伝子によってはまったく効果のない人もおり、これは病院などの検査キットで簡単に調べることができます。
フィナステリドはあまり安い育毛剤ではありませんので、使用する前に必ず検査キットで調べたほうがいいでしょう。
効かない体質なのに使い続けたらお金をドブに捨てることになってしまいます。

フィナステリドにも副作用はあります

フィナステリドはもともと前立腺肥大症の患者に投与されていた薬でホルモンを調整する働きがあり、それによって副作用が出ることもあります。
主に以下の副作用が報告されています。

性機能への影響

フィナステリドは男性ホルモンを抑制する働きがあるので、その結果として精液の量が減少することがあります。
ただし、減少するのは精液の量だけであって、そこに含まれる精子の量はほとんど変わりませんので、男性の生殖機能への影響の心配はありません。
しかし、妊婦の方の使用だけは絶対に控えてください。
もともと男性ホルモンの少ない女性がフィナステリドの使用によってさらに少なくなり、体のホルモンバランスが崩れてさまざまな障害が出てきます。
胎児が男の子の場合、その子の男性機能に障害が出る可能性も高まります。
フィナステリドは触れるだけでも皮膚から吸収されてしまいますので、奥さんが妊娠している間は旦那さんも使用には注意が必要です。

肝機能への影響

経口摂取されたフィナステリドは体内に吸収されてから肝臓に蓄積されるので肝臓への負担はかなり大きくなります。
それによって肝臓不全を起こすリスクも高くなってしまいます。
フィナステリドを服用している間はお酒の量はなるべく控えめにしなければなりません。

うつ症状

男性ホルモンにはやる気などを促進させる働きがあります。
フィナステリドによってそれが減少することにより、うつの症状が出ることもあるようです。
ただし、うつの発症の割合は使用者全体の1%程度とかなり少ないです。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
育毛剤について調べましたの関連記事一覧
発毛クリックは医療行為が受けられます
AGA治療は一生涯
AGA治療で起こる初期脱毛
個人輸入で海外の育毛剤を入手
AGAのジェネリック医薬品
プラシーボ効果と育毛剤
フィナステリドの効果と副作用
ミノキシジルの効果と副作用
正しいシャンプー方法で抜け毛を防ぐ
薄毛の遺伝子はなぜ自然淘汰されないのか?

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

chap-up-5チャップアップ(CHAP UP)の使い勝手 東京スカイツリーのような少し弓なりになったボトルは持った感じが良い […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし