AGA治療は一生涯

治療を止めるとまた元通りに

AGA治療は髪が生えてきたらそこで終わりにするのではなく、髪の量をキープしたいと思う限り、生涯続けていかなくてはなりません。
AGAは病気ではなく遺伝によるものなので、治療を止めたところでまたすぐ遺伝どおりに薄毛になってしまうからです。

AGAによる薄毛は男性ホルモンのテストステロンと5aリダクターゼという酵素が結合し、ジヒドロテストステロンという強力な脱毛作用をもつホルモンが生み出されることによって起こります。
フィナステリドなどの育毛剤は、5aリダクターゼの働きを抑制することによって薄毛を改善してくれます。
しかし、どんなに5aリダクターゼの働きを抑制したところで5aリダクターゼそのものが消滅するわけではありません。

治療の効果が出なくなってきたら

AGA治療はずっと続けていても次第に効果が薄くなってくることがあります。
これは加齢とともに薄毛の原因となるジヒドロテストステロンが体内で生産される量が増えていくことや、その育毛剤への耐性などが原因です。

このような場合、次のような対策が必要になります。

フィナステリドを使用している場合

フィナステリドはジェネリックが多く存在しています。
基本的な薬品構造はどれも同じですが、薬効成分以外の成分はそれぞれ異なるので、効果にも差が生じてきます。
フィナステリドの効果が薄くなってきた場合、ジェネリックに変えることでまた効果が復活することもあります。

ミノキシジルを使用している場合

ミノキシジルは幅広い濃度のものが販売されています。
効果が薄くなってきたら濃度をあげることで、また効果が復活することもあります。
頭皮につけるタイプではなく内服型のものならさらに効果的です。
しかし、濃度の高いものや内服型のものは副作用のリスクも大きくなるので、あまりおすすめすることはできません。

それ以外の育毛剤を使用している場合

フィナステリドとミノキシジル以外の育毛剤を使用している場合も他のものに変えてみてください。
シャンプーなどを見直すのも効果的です。

生活習慣や食生活の改善

頭皮の血行が悪くなり、毛母細胞に栄養が行き届かないことで薄毛が進行してしまっていることもあります。
生活習慣や食生活も見直してましょう。

それでも薄毛が止まらない場合

男性は年を重ねるごとに薄毛になる要因が多くなっていきますので、上記のような対策をしても薄毛の進行が止まらないこともあります。
その場合、無理に抗おうとするよりも、薄毛を受け入れてしまったほうがいいかもしれません。

この記事が役に立ったら

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
こちらのボタンをポチッと教えてください。
育毛剤について調べましたの関連記事一覧
発毛クリックは医療行為が受けられます
AGA治療は一生涯
AGA治療で起こる初期脱毛
個人輸入で海外の育毛剤を入手
AGAのジェネリック医薬品
プラシーボ効果と育毛剤
フィナステリドの効果と副作用
ミノキシジルの効果と副作用
正しいシャンプー方法で抜け毛を防ぐ
薄毛の遺伝子はなぜ自然淘汰されないのか?

勝手に育毛剤口コミランキング

bubka

育毛剤口コミ体験レビュー

IMG_5187薬用ポリピュアEXの使い勝手 本体のボトルはプッシュ式のポンプタイプでした。 化粧品などで良くある形です。 本 […]続きを見る

絶対失敗しない育毛剤比較

  • 成分を比較すべし!
  • 価格を比較すべし!
  • 使い方を比較すべし
  • 特典(返金保障・おまけ)を比較すべし